peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

白い空間

好きな色は白。これが私の基本。真っ白。漂白したような白でも、蛍光色のような白でも、あったかみある白も。とにかく白。白推し。

そんな私が一度は行ってみたいと思っていたwalden。アメリカ文学を学んだ人であればきっと知っているソローのWalden。それをモチーフにしたというカフェが京都の五条にあると言う。

今回ようやく行けた。

住宅街の中に突如として現れる白い箱。

f:id:tr_kana:20190208214938j:plain

外も真っ白だけど、中も真っ白。何もどこもかも真っ白。そして1階の半分くらいを占める? って思わせる程の存在感ある立派な焙煎機。2階にイートイン。真ん中に真っ白の木が立ち、その周りを囲むようにベンチ席が。面白いレイアウト。不思議空間。

f:id:tr_kana:20190208215236j:plain

ブレンドとバナナケーキをいただいた。

f:id:tr_kana:20190208215251j:plain

真っ白なのに全然冷たい感じとか、寒い感じがなくて、むしろ雪があたたかく感じるように暖かい、ぬくもりを感じられる空間だったのが不思議だった。

ここまで研ぎすまして振り切って、って出来たら人生楽しいだろうな。

私の心も沈まれ、落ち着け、白い空間のように邪念よ消えろ。

www.walden-woods.com