peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

決意も覚悟も

滝沢歌舞伎ZEROを観れば、Snow Manがどんな決意と覚悟をもって臨んでいるか分かる。だからこそ初日、「ひらりと桜」と「WITH LOVE」で一気に心が凍りついた。それは他ならぬ、Snow Manが既に8人(9人)で前を向いて進んで行くと分かったから。そこには無言の決死の覚悟が見てとれたから。

私個人としては、受け入れは(まだ?)できないけど、でも理解するし、受け入れたいと心のどこかで思ったりもする。だってさそんな中途半端な気持ちでSnow Man応援してないし、して来なかったし。だからこそ、そこまで(増員)して新生Snow Manになる必要があったのね? ってやっぱり、やっぱり寂しくなった。これは私の勝手な、身勝手な感想だけど。

先日の会見の二宮くんの言葉

みんなで楽しむためにもあまり前を向きすぎず。前を向かれてもつらい部分があると思うので、ファンの子と向き合って僕ららしく『嵐っていいな』って思ってもらえる2年間にしたいです。

って言われてた。で改めて分かったのは「前を向かれてもつらい部分」に直面しているんだな、私ってこと。滝沢歌舞伎ZEROがまさしくその現場。それは彼らが前を向いて、スタートを既に切っていたから。3/24お披露目だと思っていたのが実は2/3から、あのニュースを知って何の猶予もなく、受け入れられていない状態で新しいスタートを切った新生Snow Manを見せられたから。その決意と覚悟はとてもとても力強く頼もしく、有無を言わせない気迫を伴ったものだった。

最後の6人見納め、って思っていたところ、8人(9人)を見せられて戸惑っているのが正直なところで、時間がなさすぎる。

いつか前を向かないといけないって分かってるし、永遠なんてないのも分かっているし、いつか「終わり」が来ることも分かってる。でも、さ。時間少なくない? まだあの悪夢ような発表から1ヶ月経ってないんだよ? なんの修行だよ。なんの罰だよ。

 

でも、Snow Man6人はこれまで通り、ファンの気持ちに寄り添って、大丈夫だよ、いつかまた応援していて良かったって思ってもらえるように僕たちも頑張るから、って言い続けてくれて。優しい、あったかい言葉をくれる。Snow Manとファンの関係ってこういうお互いを思いやる優しさに溢れていたんだなぁって今になって分かった(遅くてごめん)。

 

昨晩、YouTubeで幸せになっているところ急に更新された「すの日常」。ふっか緊急更新。グループ(6人)代表しての緊急メッセージ。

他のグループでアップされたブログを受けて、月曜以外に更新なんてしたことないのに「すの日常」を最年長が更新。すの日常しか見てない人からしたら「??」だろうし、何が起こった? ってなるだろうなぁって冷静に思いつつ。

素晴らしい内容だったな。そしてこの全方位に向けた言葉こそ、ふっかだし、そうSnow Manって思えた。

ふっかさん、ありがとう。Snow Man、ありがとう。

マシュマロみたいな甘い砂糖菓子のような、あったかいあったかい言葉をありがとう。ふっか、私もSnow Man大好きだよ。大好きだから辛いんだよ。分かってくれてると思うけど。

新メンバーが抱えるプレッシャーと不安。伝えるのが下手な人もいる。

ファンだってバカじゃないから分かってるよ。でもプレッシャーと不安にかられて発された言葉があれだとしたら、やっぱり、なんで? ってならないかな? 喧嘩売られたとしか読めなかったし、バカにされたって思った。多くの人が読むことが分かって、あえてあの内容だったなら、ふっかが6人が火消しに走る必要もないんだろうけど、そうじゃなかった、想定以上の反応だったから慌てて出て来たってことだよね?

誰が読むかも分からない、ここみたいな個人のブログだったらまだしも、彼らにはファンがいて、しかもなかなか厄介な思いの強いファンがいることなんて分かってたじゃん。読むじゃん。今までの比じゃないくらい読まれるじゃん。そこを見越しての内容だったんじゃなかったの? 「下手」であれになったの? 

決意も覚悟も。メンバーはもちろん。ファンだってそれをしなくちゃいけない状況に曝されている。

Snow Manが好きだから、YouTubeの6人を見れば見るほど、雑誌の6人を見れば見るほど、辛いんだって。目の前の彼らは前を向いて、8人(9人)で歩み始めているから余計に。私もいつかその目線と同じ方向向けるのかな? こっちだって不安だよ。

 

Snow Manのファンになってこんなに寂しい気持ちになったことこれまで一度だってなかったなぁ。いつかこの悪夢終わると良いなぁ。

 

滝沢歌舞伎ZEROの舞台上の彼らから伝わる決意と覚悟。気迫あるパフォーマンス。全てを受け入れ前を向いている。それは間違いなく伝わってるし、疑いようもない。

せめて南座が終わるまでそっとしておいて欲しかったね。メンバーもファンも。