peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

2つの初日と仲間へのお花

昨日10月24日(水)と今日10月25日(木)。2つの舞台の初日が続く。

Snow Manにとって初の外部且つ主演舞台2つ。外部が初で、しかもそれがどちらも主演舞台という。長い間、外へ飛び出せなかったSnow Manのジャニーズ以外の舞台の幕が上がる。

Snow Manの才能が多くの方の目に留まりますように。こんな子たちがいたんだ! って驚きをもって受け止められますように。ちょっと気になってYouTube見て、おぉぉってハマってしまう人が、応援してくれる人が増えますように。ジャニーズだったら、アイドルだったら、Snow Manだな、ってサラって言っちゃうような人が1人でも多く出て来ますように。外の海で、これまでジャニーズを知らなかった人たちに感動を、驚きを、笑顔を届けられますように。たとえ観客の多くが既にファンの人だったとしても、数は少ないかもしれないけど、絶対にいるはずだから、初めて観るって方がどこにも。

 

主演舞台が発表されたのは夏のことだったけど、6月の御園座の時には既に2つの舞台は決まっていたらしい。幕が上がり、これから約3週間。

  • ふっかとさっくん主演「キャッシュ・オン・デリバリー」
  • 岩本くんと渡辺くんと阿部ちゃん主演「愛と青春キップ」

おめでとうございます。

私は出来た大人じゃないから、まだ心の芯に引っかかりを感じてしまうし、心の底から無垢の気持ちで「おめでとう」って言えない、ちっぽけな人間。自分がイヤになるほど、やっぱりさ、やっぱりさ、悔しいよね。本音を言うとね。もちろん、いつか絶対に舘様にも出番がやって来るって分かってるし、信じてるし、それは疑いもないんだけど、だけど今この瞬間、6人のうち5人の華やかな「初主演」のステージが用意されているという現実に打ちのめされる。これから始まるレポの嵐はきっと私の気持ちを日々えぐって来るんだろうって覚悟もしてる。ここのところずっと舘担なお友達のLINEに救われているけど、仲間に寄っかかりでもしないと、そうでもしないと、辛すぎる。

頭では分かっている。Snow Manというグループが外へ一歩踏み出した記念すべき舞台だし、多くの方に知ってもらえるチャンスで、実力を示す素晴らしい機会なんだって。良くも悪くも「俺が俺が」って前に出るような子たちじゃなかったから、ここから何か新しいSnow Manの章が始まるんだって。そういう期待だったり、喜びはもちろんある。小さい世界で考えるな! って自分にそう言いたいよ。自分の小ささに参る。けど無理して(無理しなくても)「平気」「大丈夫」って言えるほど大人にはなりきれない。

 

なんてグズグズして、昨日も冬眠中なTwitterで「初日おめでとう」って言えないままズルズルしていたら、夕方前に舘担LINEで宮舘くんがお花を贈ったという情報が流れ、一瞬、フリーズした。

 

え???

 

仲間の舞台初日にお花を、その後、その花が白い胡蝶蘭だって分かったけど、お祝いの花を贈っちゃう舘様っていったい何者なの??? →これぞ宮舘涼太

花を贈る=優しいとか気遣いとかちゃんとしてるとか、そういうことではなくて(私にとってはという意味で)、皆で応援しに行こうな、とか、応援番長、とか、仲間の活躍を色々な自分の気持ちあるだろうに、それを一切見せずに、お祝いが出来る強さや清々しさに平伏した。まだ25歳だよ。かっこ良すぎる。

知っていたけど、知っていたんだけど、自担さま舘様は器の小さい人じゃないって。そんじゃそこらの人と違うって。でも今回のお花は私が知っていた「宮舘涼太」像を遥か越えたもので、改めて惚れ直してしまった。

 

信じてみ? そう言ったじゃん。

って言われているように感じたよ。

 

舘様は

人としてどうあるべきか

を教えてくれるし、

どう向き合うべきか

を示してくれる。

 

稽古の時も力を抜くことなく

常に一生懸命、どの瞬間も全力。

 

人としての強さ、美しさ、

それは決して誰もが持てるものじゃない。

天然記念物のように貴重で希少。

 

またさらに好きになった。

そして自分のちっぽけさにため息一つ。