peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

喫茶クロカワ in 名古屋

昨日、名古屋で「気晴亭」から「吉野屋」さんへ向かう途中にある「喫茶 クロカワ」がとってもとっても良かったので、というかめちゃくちゃ好きだったので、気晴亭に行かれるスノ担さんには是非寄って行って欲しい。ちなみに豪華なかき氷が有名らしい。私はコーヒーだけだったけど。

f:id:tr_kana:20180909213735j:plain

店内に入った瞬間から、居心地の良さ、こだわり尽くした感がビビビって伝わって来た。これはなかなか出来ないこと。「おしぼり」が緩めに絞ったガーゼだし、一人一人のティーマットはリネンの雰囲気あるものだったし。

f:id:tr_kana:20180909213810j:plain

厨房(キッチン)が見えるスタイルだけど、アイテムは多くて、決して「シンプル」ではないのだけど、全体の統一感があり、一つ一つがこだわりつくしたものだけ生き残っている感。好きなものだけに囲まれている空間という感じがした。こういうこだわり好きだわー。マスターのこだわりなのでしょう。素敵です。コーヒーはマンデリンを。苦味と甘みのバランスがとっても良く、美味しかった。

f:id:tr_kana:20180909213740j:plain

f:id:tr_kana:20180909213748j:plain

無駄で余計なものをなるべく排除して、できるだけシンプルに。

そうやって生きて行きたい、極力シンプルに、less is moreの精神で生きて行きたいと常日頃思っている(ジャニヲタになって頓挫中)。ミニマリストになりたいとかそこまでは思っていないのだけど、余計なもの、必要ないものに労力かけるのがバカバカしく思えて来て、無駄を省いたら、本当に必要なものだけに注力できました、となるのが理想。不安だから溜め込んだり、もしかしたらと思って、要らないのに抱えてしまったり、モノだけじゃなく、人間関係もそうやって、要らないものに囲まれてしまうと、本当に大切なものを見失ってしまう。そう思う。だから、出来るだけ要らないものは溜め込まないように、溜め込まないようにって思ってる。

片付けや整理整頓が得意でない私なので、捨てるorとっておく、の二択しかなくこれまで来たのだけど、「喫茶クロカワ」にて、新しい可能性を感じた。

要らない、けど、欲しい、ものがあるってこと。

無駄、だけど、とっておきたい、ものがあるってこと。

要らない、無駄という判断はもちろん本人がするんだし、本人はそう思っていないから置いてあるんだろうけど、という前提はありつつ。

そこに、持ち主のポリシーやこだわり、生き方や考え方や、そう、価値観が色濃く表れるんだなぁって思ったら、なんて素敵なんだろう! って思った。当たり前のことすぎて笑えるけど、今になって気づけたこと。

店内で美味しいコーヒーを飲みながら、すっごく色々考えさせられちゃった。また行きたいなぁ。

cafekurokawa.com