peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

あの日のこと

8月29日のこと。ようやく書ける状態になったので、残しておく。「悔しい気持ちは宝物」って『裸の時代』の中でキスマイ北山くんが教えてくれたことを思い出した日のことを。

 

8月29日(水)のこと

朝、前日読んだステファンの記事を思い出し、にまにま。その日はお昼前に美容院を予約していて、1日お仕事お休みをとっていたので、気持ちはとってもゆっくり穏やかだった。29日発売の雑誌が3冊程あり、どこで購入しようかなぁって考えていた。

10時過ぎ、岩本くん、渡辺くん、阿部ちゃんの主演舞台「愛と青春キップ」が当日発売の雑誌で発表されたことをTwitterで知る。すぐリツイし「すごい!! おめでとうございます!」と呟く私。同時にゆり組LINEにも知らせる。ゆり組LINEのなべ担ちゃんは混乱&歓喜。舘担ちゃんはかなりのショックを受ける。

Twitter上の舘担さんが呟かなくなる、もしくは悲しむ。美容院に行く準備をしながら、気持ちが落ち着いて来て、現実を知り、落ち込み始める。

11時頃、遅れてやって来た感情に押しつぶされそうになる。「悔しい。痛い。苦しい。」この時間が最も苦しかった。

美容院へ。少年たち前に髪を切っておきたかったので、スッキリしたはずがなぜか気持ちは落ち込んだまま。

13時頃、美容院終わり、一旦帰宅しようと電車に乗る。舘友ちゃんから今日午後時間ありますか? とのLINEをもらう。ジャニショ行きませんか? との誘いを受ける。14時〜1時間打ち合わせが入ってしまっているので、15時半までには行ける、ってことで急遽会うことに。とにかく1人でいたくなかった。

14時〜15時、打ち合わせで頭を切り替えられる。というか、思い出さないで済み、少し気持ちが落ち着く。

15時半前、原宿に着き、舘友ちゃんと合流。「うん」って感じで特に最初は語らず。ジャニショの列に並ぶ。めちゃめちゃ混んでいて、これほど待つのは初めてってくらい並ぶ。待っている間、少しずつ、話し始める。話しても仕方ないって分かってるけど、でも話しちゃう。舘担同士だからこその会話。

写真を買い終え、ショップを出たのは18時半前だった。表参道の方に歩いて行き、知っているお店で乾杯&食事をし、ずーっと語る。ずーっと語る。

f:id:tr_kana:20180902125327j:plain

20時、スノチューブがアップされ、音なしで見ながら、二人で「かっこいいねぇ」ってため息つく。そして舘様について語る。この繰り返し。でも終わる頃には二人とも気持ちは落ち着き、そう、グダグダ言ってたって仕方ない、舘様は絶対に夢を掴んでくれる人だし、絶対に掴める人だから、って確信する。だって舘様だもの。

23時過ぎ、原宿から歩いて帰宅。歩きたかった気分で。酔いは完全に冷めたのでワインを飲み始める。YouTubeを見ながら。気づいたら、こんなに素敵で、こんなに素晴らしい子なのになぁ、ってひとり言を言っていた。寝たのは、覚えてない。

 

勝手に宮舘担が落ち込んで、あぁorzてなって、絶対、舘様は大丈夫、って皆思っているはずだけど(だって大丈夫だもん)、6人のうち5人に外部のお話が決まり、舘様だけ何も発表されないという事実、今この瞬間の現実には、想像以上に打ちのめされた。自分でもビックリした、そのくらい、落ち込んだ。絶対大丈夫なんだけど、でも、今この時は正直辛い、正直しんどい、、、って。

大器晩成だから。最後に大きな喜びを届けてくれる。日舞、茶道、馬等々、きっと知らないところで努力を重ね、一歩一歩、着実に進んでいてくれる。大丈夫。

 

8月29日は気持ち、感情の振り幅がとても大きな1日だった。「悔しい」って思ったあの日。今思うと、応援のさらなるモチベーションになり、パワーにもなった。同担の友がいて、良かった。本当に。いろんな気持ちを吐き出せて良かった。救われた。

ちなみに、発表をした雑誌「SODA」は買わないかなぁって思ったんだけど、翌日本屋さん行ったら、めちゃビジュアル良くてもちろん買ったよね(単純)。1日だけだった。辛かったのは。翌日からは気持ち落ち着き、平気に。

少年たちが終わったら、5人のそれぞれの舞台。舘様がサマパラで言っていた「皆で応援しに行こうな」って自ら「応援隊長」って呼んでいたのを思い出す。皆で応援しに行こう。(チケット取れないけどw)