peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

死ぬ大義がない

夕飯の時間にあわせて父の入院している病院へ通うこと3日目。父が入院して早2週間。少しずつだけど良くなっていく兆しが見えて一安心。

とは言え、リハビリをしてもなかなか良くならず、落ち込んでいた父が、昨日の帰り間際にポツンと言った言葉が耳から離れない。

「ずっとベッドの上にいて、時間はいっぱいあるから考える時ある。自分は死ぬ大義がないって。今持っている病気はどれも死に直結しない。死ねない。理由にならない。なら、自分は何で死ぬのか」

 

直接的に「死」の言葉を聞いたのは初めてだった。私は「死ぬ大義」その表現に意識とられて、解釈を間違えてしまった。

 

父の言った「死ぬ大義がない」=死ぬ理由がない=大丈夫、まだ死なない=自分には死ぬ原因となるものがない。

だと捉えてしまったのだけど、あとで落ち着いて考えたら、そんなことなく

「死ぬ大義がない」=死ねるキッカケがない=どうしても死ねない=どうしたら自分は死ねるのか。

だった。最期の瞬間に思いを馳せては悲観し、不安に思っているようだった。

もちろん死にたい訳ではないんだと思うけど、身体が不自由になり、なかなか回復せず、弱気になればそれも仕方ないもんだと思った。

そしてそんな身体の状態で、死ぬ大義がそんなに大切か。。。と正直思ったりした。