peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

健くん

健くん、お誕生日おめでとうございます。39歳?! 

 

健くんの小悪魔的ないたずらっ子の部分と、達観した温かいハートを持った大人な部分。どっちが健くんではなく、どちらも健くんと頭で分かっていても、なかなか受け入れられなかったな。

私にとって滝沢歌舞伎に出演される前まで、健くんは

 

いたずらっ子(V6のお兄さん組を困らせている)

声が特徴的

顔かっこいい

キュート

華奢

ゴミ拾い

仕事あんまりしていない

 

のイメージ。基本、持っている情報は、表面的か風の噂レベル。V6のCDも買ったことないし、番組も「学校へ行こう」くらいしか見たことないような気するし。要するに何の接点もなく、知らないままに2016年春まで生きて来てしまった。特に、私は宮田担だった影響が大きいのだと思うけど「いたずらっ子」というのが非常に苦手で、なんかこの人、ちょっかい出すような人だなって思うと自然と警戒をしてしまう。ちょっかい出す人を好きな人はあんまり気にならないような点も、ちょっかいを出される側のファンからしたらあまり良い気持ちしない時もある。

だけどブログで座長やJr.に語りかける言葉からは、この人が優しくて、あったかくて、たくさん悔しい想いもしてきて、人を思いやる心が深い人だってことを証明しているし、いつだって健くんが誰かに向けるメッセージに心あたたかくなる。愛に溢れているなぁって感じられる数少ない人のうちの1人だった。けど実際に口に出して発する言葉は、少し突き放して、つっけんどんで。だから言葉を額面通りに受け止めてしまいがちな単純な私は時々、面食らってきた。

今年の歌舞伎も健くん、新橋演舞場で舘様の顔真似をかなりのペースでされていて、お化粧のトークのところでかなりの頻度で名前を出して、かなりお気に入りなのは分かっていたのだけど、顔いじりが私はあまり好きではないので、あのシーンは時々辛かった。それ聞いて、お客さんも笑っていたけど、あんまり良い気しない。大先輩だから、もちろん止めてくださいなんて言えないだろうし、舘様はそんなこと気にしてなくて、寧ろ名前出してくれてありがとうございます、って感じだったのは知ってるんだけどね。

 

2016年、滝沢歌舞伎に出演され始めてからの健くんのブログをいくつか読み返してる。

怪我をしてしまった時のこと。お詫びのタルトを買って来られた時のこと。一人一人にメッセージをくれたこと。ファンレターや千羽鶴の写真を載せてファンの方にお礼言われたり。歌舞伎期間が終わってもクリエ、キスマイコン、ハピアイ。スノが出ている現場に足を運びメッセージを下さった。そのメッセージが毎回毎回厳しくも温かい。健くんにしか言えないような魂のこもった言葉で、心動かさせれる。

御園座を終え更新されたブログもステキな内容だった。Jr.とはほとんど関わりのなかった健くんが今じゃこんなにまで心を向け、心配し、励ましをくれる。この言葉が、メッセージがどれほどJr.のみんなの力に、勇気に、指針になることか。ありがたい、ありがたい。

 

Snow Manには滝沢座長がいて、三宅健くんがいる。

冷静に考えて、

Snow Man、無敵なんだけど!

 

健くん、この春もありがとうございました。来年は分からないけど、きっと健くんとはこの先も接点がある気してるから、あまり寂しくないよ。30代ラストをカッコよく、キュートに過ごしてください。Jr.の子のお手本に、憧れに、目標に。