peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

夏越の祓

最近、「夏越の祓」をあちらこちらの神社で良く見かける。そう言えば京都でも随分「夏越し」(なごし)という単語を見かけたし、茅の輪も良く見かけた。そして茅の輪を見かけると、よし今度こそくぐって厄を落とそうと思うのだけど、説明文を読み、「3度」もくぐるのがどうも面倒で、いつもしばし考えた末、やらないという(ダメだなw)。

6月30日頃に行われる半年に一度の厄落としである「夏越の祓」。年末には同じように1年の厄落としをする「年越の祓」があるけれど、個人的には「夏越」という言葉が好きなので、この時期が最もワクワクする。

御朱印をもらっていないことに気づいて本日慌てて立ち寄った氏神様。

f:id:tr_kana:20180628173012j:plain