peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

盛りだくさんな1週間がスタート

バラエティに富んだというか、頭こんがらがりそうというか、そんな盛りだくさんな1週間が遂にスタートした。台風が近づく荒れたお天気と共に始まった。

 

まず本日6/9は東方神起in日産スタジアム。台風来てるって! 野外ライブなのに! 暑いのも辛いけど、雨は雨で面倒よね。

月火は仕事して、水木はK子と京都旅へ。一泊2日をいかに楽しむか。金曜は朝から仕事。そして16日の土曜は名古屋へ滝沢歌舞伎in御園座。昼夜公演を観て、私の今年の滝沢歌舞伎見納め。一足お先に千穐楽を迎えて来る。

1週間後の今頃、東方神起に京都に滝沢歌舞伎まで欲張りに欲張った私は一体どんな状態なんだろうなぁ。

 

ライブ参戦や旅行や観劇から得られる経験や感情や感覚は、手にとって触れたり、目に見えるものではない。けど、明らかに人生を豊かに、深くしてくれる。他の人とは違う自分だけの人生という色を、意味を付けてくれる。

哲学者の森有正さんが言っていた。

旅それ自体には、ほとんど意味はありません。何かに会いに私は出かけている。自分のところにいたら何に出会うこともできないから、旅に出るだけの話です。

海外生活を経て、外に向かうことは結局は内に向かうことだと確信されたと言ってらっしゃった気がする。森さんの本を学生の時に読み衝撃を受けた。私も非常に「内向的な」人間だから、全て自分の中に入れ、自分で感じたいし、自分の言葉にしたくなる。そうすると言葉が生まれ、経験が増し、豊かになった気がする。

その傾向は弱くなったのか、変わらないのか自分では良く分からない。ただ当時は気づかなかったことだけど、観客席から眺めているゲームと、自分がプレーするゲーム。傍目には同じであっても全くの別物だということかな。私はずっと観客席から見ていた。けど自分の人生は自分でプレーしたい。そう切り替わったら、俄然、人生面白くなったし、しんどくなったし、生きてる実感ハンパない。怪我したら痛いし、負けたら悔しい。そんな内からの感覚や感情に蓋をせずに開放しながら生きて行きたいなぁ。

この1週間、一つ一つを無駄にしないように、張り切ってく。