peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

サクッとひとり生牡蠣

ここまで来ると禁断症状に近い中毒。alcoholicならぬ牡蠣ホリック。さらに言えば生牡蠣ホリック。

K子と3月末に食べたのを最後に生牡蠣、生牡蠣、生牡蠣、、、と頭に浮かぶものの1人で行けそうなオイスターバーが近くになくて、我慢していた。

けど! 今日、たまたま汐留の会社さんに17:00頃伺う予定があり、日課の「エリア名(汐留)、オイスターバー」で検索すると! ジャックポットがカレッタ汐留にあるではないか!

しかも超行きにくくて、2階ってどうやって行くの? え? 状態。ぐるぐるたどり着けずに迷いに迷ったけど、普段であれば行きにくい場所は行かない(イラってして諦める)私が、執念を見せて、絶対に生牡蠣食べると闘志を燃やし、ようやくたどり着いたジャックポット汐留。夢にみた生牡蠣! 生牡蠣! 生牡蠣!

まだ時間が早かったので第1号。お好きな席どうぞとのことで、吹き抜けの気持ち良いテーブル席に。で、生牡蠣だけど赤ワインと生牡蠣は適当に4つ(ほんとはもっと食べられるけど、いや食べたいんだけど、ファストフード感覚で出せる金額は3000円が限界)。

広島の牡蠣はなかったので、長崎と北海道の生牡蠣を頼んだのだけど、長崎の「小長井」「長崎めぐり」すんごく美味しかった。目つぶって、味わってしまった。で「うっうまい」と呟く私は側から見たらかなり危ない人だったろう。

f:id:tr_kana:20180510182954j:image

北海道の方が値段も高いのだけど、長崎ので1/2 dozen(6個)でも良かったかもしれない。

f:id:tr_kana:20180510183418j:image

いろんな調味料が出てきたけど、余計な味はいらない!ってことでレモンだけ絞って、ひゅるひゅるひゅる、と。あっという間に終わった。で、ワインもサクッと飲み終わり、30分も滞在せず、お店が混む前に退散。

 

時間さえ外せば、開店すぐとかディナータイム前とかであれば、サクッとひとり生牡蠣、いけそうだな。

 

牡蠣が好きすぎて。