peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

4月29日(日)夜:滝沢歌舞伎2018

親友ちゃんと久しぶりに観劇。元なべ担の親友ちゃんに、スノの近況報告。だてさくが仲良い、は最後まで信じてもらえなかったw だてさく殺伐を知りすぎてて辛いw 

 

今日はガッツリ右分けのヘアスタイルで、それがそれがカッコいいんだわ。

滝沢歌舞伎2018:4月29日(日)夜

<第一部>

2. オープニング2

  • SPARK:私のチケット代全部のSPARK。今日はいつもより笑顔の出る回数が少なかったんだけど、でもだからこそ逆にサビの「光あれ」で光を振り撒きながらの笑顔の破壊力。暗闇の中でもしっかり表情作って、一瞬たりとも気抜かない舘様、大好き。

6. 変面:ようやく変面の一番最初の舘様ポジションが分かった。変面被っていても漏れ出る「だてだて」しさ。どんなに仮面被って、他の人と同じ衣装着てもやっぱり分かっちゃう「だてだて」しさ。座長の左、下手にいたことが分かった。その後は、右往左往、移動しちゃうから書くのは難しいかったけど、ようやくどう動くかを把握出来た。

7. 浮世艶姿桜:カッコ良かった>< 最後はキリっとしたかっこいい表情だったけど、センターに集まったくらいからずっと笑顔で素敵だった。

8. 滝沢一座

  • Thousand Suns:いつからかは判然としていないんだけど、気づいたら右手に白い布切れみたいな、もしくはスズランテープのような破片も握っていて、親指と人差し指の間に白ぽいひらひらが見えて。それを握りながら1番はずっと踊っていて、手のひら広がれないから、ぎゅっと握ったまま。いつまで握っているんだろう? って思っていたら、後半で左周りで後ろに振り向くところで、パンツの右ポケットに押し込んでて、でもなかなか押し込めなかったのか、前にぐるって回った後も、数秒、ポケットに押し込んでいた。けど凄いのは、この間、表情一切変えず、真っ正面を見てて(つまりポケットに目もくべず)、たぶん上半身だけみてたら気づれないレベルでプロフェッショナルな仕事してた。

9. 滝沢歌舞伎:ラスト前、シルバーのスクエアの落下物が右鼻の横にペタってくっついてしまって、離れない。舘様はそれでも微動だにせずに舞を踊り、なんとも思ってない風で平然と舞を。最後、巻物をそれぞれ投げる直前にステージ後方に皆で向かうために後ろを振り向いた瞬間に、サッって気づかないレベルで顔のシルバーの落下物を取り除き、そして客席を向いた瞬間には何も顔にくっついていなかった。一瞬の動き過ぎて、気づかないレベルだった。

<第二部>

8. 太鼓:背中が好き(何度でも言う)。そしてラストの腹筋太鼓の寸止め、一番苦しい姿勢で両腕を広げたままでポーズ。岩本くんが腹筋しながら頭を会場に向けて「ベー」って舌出すところ(笑)、舘様は顔は太鼓の方を向いていて表情は苦しそう、しか見えないんだけど、その時の両肩部分が上から眺められるあの瞬間が大好き。柔らかな凹凸が大好き。

10. Shadow Dance:照明落ちる前の決めポーズ、かなり妖しい笑み長かった。