peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

今年の春も自担と自担グループが頼もしい

本日は終日自宅にてダラダラと仕事6対4くらいの割合で。木曜からテンション上がりぱなしだったので一旦クールダウン。落ち着いた。

今年も、舘様は麗しく美しく力強い、Snow Manは座長に愛され大活躍。Snow Manの安定感とカッコ良さが際立つ春。後輩Snow Man、バックを守るSnow Man。かっこいい。単独、前面に出て主役、座長なSnow Manももちろんかっこいいし、大好きだけど、滝沢組を守る頭トップのSnow Manも良い。

今日も1日、SPARKやThousand Sunsや蒼き日々の猛々しくも美しい舘様の踊りや、そして脳裏に焼き付いて離れない太鼓の背中を思い出してはもだもだ。(変態度があがってる気する、自分で)

正直、私が勝手に観たいと思っている「滝沢歌舞伎」ではなかったけれども(2014年の義経が好きだったから、悲劇でしっかり物語として歌舞伎を観たいという気持ちはどうしても拭えない)でも座長が今年は今はこれを見せたいと思い、考え、演出したんだからそれにどうのこうの口出しする必要はないなって今回3回入って思えた。だって、一昨年も2幕喜劇&LOVEで終わりってなった時に絶望感すごかったし、これは滝沢歌舞伎じゃないわーーって言ったりもしたけど、今となってはハッピーなLOVEで終わらないと気持ち悪い気すらしてくる。そんなもんだよ。ちゃんとテーマがあって、考えがあって、作られた舞台。座長の考える舞台、そしてそこに今年もSnow Man6人が立たせてもらえて、スノ担として観劇させてもらえて。今年の滝沢歌舞伎も大好きです。

今年の春も、自担・舘様が、Snow Manが頼もしい。