peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

エモさ爆発SNOW DREAM

Snow Manの新曲「SNOW DREAM」。白いペンライトが横浜アリーナで優しく美しく揺れていた、あの光景が今でも脳裏に浮かぶ。忘れられない。

「一緒に同じ景色をみたい」という希望の象徴のような画が広がっていた。横浜アリーナ、1万5000人のSnow Manファンが集まり、6人のSnow Manを見守っていた。あのあたたかく幸せな日。私はきっと忘れない。この先、何が起ころうと忘れたくない。

SNOW DREAMの歌詞を、Twitterでアップされている方がいた(どんな才能なんだろうと思う)。読めば読むほど「エモい」という感情がこれでもかって押し寄せて来て、エモさを全身で受けて、思考停止している。涙が溢れそうになるのを堪えている。

なぜかって。儚いから。一瞬だから。雪や桜と同じ。今この瞬間の美を想起させるから。雪も夢も、儚く、だからこそ美しい。刹那的な幸せを噛み締める。

 

あの日、ふっかの台詞が流れた。

「今日はありがとう。僕たちSnow Manから感謝の気持ちを込めて、プレゼントがあります。新曲。SNOW DREAM」

美しい、春に相応しいメディアムテンポの美しいメロディが奏でられた。白い6つのペンライトがステージで揺れていた。

歌詞はこちらの方を参考に。

涙で滲む約束がまだ果たせない僕だから もう少しそばにいて もう何度も告げた台詞だね

涙で滲む約束がまだ果たせない僕だから もう少しそばにいて もうホントは聞き飽きてるよね

その願いはいつか叶えます 絶対叶えます 絶対諦めないよ 掴むそのDREAM

 

これを「エモい」と言わずして何と言うか。

 

Snow Manの夢が、舘様の夢が叶う日まで応援し続けたい。