peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

Endless SHOCK観劇

新生SHOCK、観劇。キャストががらっと変わり、新鮮新鮮。まだ幕が上がったばかりだからか、若干、違和感というか固さを感じたんだけど、きっと回数を重ねていけば絶対に良いカンパニーになる! と思えた。

特にユウマ。知っていたけど、改めて、この人、凄いと思った。若々しさと激しさと悔しさと憎しみと苦しみ。優馬くんんんんん素晴らしいいいいいい。でも、それをはるか上いく光一さん、なんなん。座長なんなの、あの人、本当になんなのよ。

今年も、本当はコウイチは死んでる、っていうシーンと、夜の海で涙止まらず。鼻も止まらない。リカ役の美織ちゃん、元々大好きだから(永遠に美子だけど)、感情移入度合いハンパなく、リカの気持ち思って泣いて、そしてユウマの気持ちを思って泣いて、そして静かに受け入れ覚悟を決めるコウイチで泣く。。。あぁ忙しい。感情忙しい。

2013年から観続け、ようやく今年、初めて、2幕冒頭のシェイクスピア劇の深さを知った。これまではあのシーン暗すぎるからあまり好きではなかったのだけど、台詞はもちろんシェイクスピアのだから強いのは分かるのだけど、あの世界観と演技があいまって鳥肌たった。というか、ユウマ、シェイクスピア似合いすぎる。Dead or Alive、舘様に踊って欲しい(話変わってるw)。

SOLITARYはもちろん最高だし、Higherのユウマバージョンとコウイチバージョンのギャップが、、、本当うまい。ここまで魅せるか!!! 

何はともあれ今年もEndless SHOCK最高でした。今年も大好きでした。ちゃんと生きよう、コウイチの分まで頑張ろう、と前向きになれる舞台でした。

自担様出たら嬉しいなぁと思う半面、舘様が出てしまったら舘様しか観られなくなって、あの群舞やらフォーメーションやらが観れなくなるのも残念だな、と要らぬ心配もしてみたYO。

また来年も観られますように。

f:id:tr_kana:20180208224637j:plain

f:id:tr_kana:20180208224707j:plain

f:id:tr_kana:20180208224657j:plain