peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

ハイキック担

確かに私は舘様のハイキックが大好きなハイキック担。そしてvanishing overの「アスファルト蹴り上げ」は例に漏れず大好き。いやでも、双眼鏡越しに眺めていた画とテレビで観た映像のギャップ。ギャップというか衝撃映像。衝撃というか摩訶不思議映像。トリックか? CGか?

このヒトの身体どうなってる? 人の脚ってここまで上がるものなの? 股関節とはぁ??? 考えれば考えるほどに頭の中に??? が重なる。

勢い良く、ザ男ぽく、力強く。そりゃパンツも破けるわ。妙に納得。

f:id:tr_kana:20180113215834j:image

不思議だね。なんだろね、これ。写真だけみると、若干軟体動物? って感じだけど、舘様のかっこいいところは決してクネクネじゃなくて軸がしっかりした上での力強さがベースにあるところ。脚を振り上げ、蹴り上げ、下ろすまでの一連の動きはまさしく日本男児な「男」。決して軟体動物ではない。骨ある。

このシーン以外にも映り込んだハイキックは三ヶ所。どれもかしこも息をするみたいに自然に脚を振り上げていて、気づくとカカトが天を指しているし、足の裏が頭あたりまで上がっている。

vanishing overは決められた振りがないから、テレビで見ると少し物足りなくて(ただ移動してるみたい)なのにその中に突然入れ込まれたハイキックや6人揃っての台宙。

全て帳消し。素晴らしい。