peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

別れ

青森の伯母が月曜日に亡くなった。数年前に遊びに行った時、いろんなところに連れていってくれた。おしゃれが大好きで、アパレルの仕事をしていたからオシャレだった。コーヒーが大好きで、いろいろ教えてくれた。長いことC型肝炎を患っていたと知ったのはつい最近のこと。かなりの間、苦しんでいたとも。大人たちだけの情報はなかなかその子らには降りて来ないもので、私はついぞ伯母が苦しんでいる姿を知らないままお別れになってしまった。

これまで近しい人やワンちゃんなどは、別れの日もしくは前日に私のところに挨拶に来てくれる傾向があった(真面目な話)。オカルトでも何でもなく。だから、亡くなったという連絡を受けた時には、既にその時は何となく分かっていた、というのがこれまで何度も繰り返された。今年亡くなった2匹のワンちゃんもそうだった。亡くなる1週間くらい前から、胸がざわざわしたものだ。

でも今回、青森の伯母は私のところには立ち寄らずにいかれたらしい。距離があったのかな。物理的にだけでなく、親しさという意味でも、通夜が昨日で、告別式が今朝だったという。私はどうしても行けなかったので、来週の23日に母親と弟と行くことにした。父親は一番優しくしてくれた大好きな姉だから行きたいのだけど、なんせ自身も身体不自由になって来ているから、留守番。年をとる、老いるとはこういうことなんだね。

昨晩、飛行機を予約した。来週の青森、寒いだろう。

数年前、津軽三味線のライブがある居酒屋さんに連れていってくれたり、山にわけいって、ふきのとうやユキノシタを見つけては私に教えてくれた。

思い出は少ないけれど、伯母との時間はあたたかく幸せだった。来週挨拶をして、お見送りして来る。この時期にまさか青森に行くことになろうとは。。。