peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

スーパー歌舞伎II ワンピース 右近さんルフィ

今年、2回目のワンピース観劇。そして今のところこれでラストの予定。今日は初観劇の母と一緒に。2階席のセンターでとても見やすく、今まで観えなかったいろんなものが観られて、さらに世界に浸れ、理解を深められた(と思う)。

まさかの猿之助さんの事故(怪我)により、尾上右近さんのルフィ/ハンコック役となり、初めての観劇となったわけだけど、評判通り、これはこれで「ワンピース」の世界だと思えるとても良い舞台だった。

特にハンコック役は猿之助さんよりも女性らしくて、キャラクター的にはマッチしていた。ルフィに関しては、若さに満ちた新しいキャラクターといった感じで、正直、猿之助さんの落ち着いた、どっしり構え、安心して観ていられるルフィとは全く違うキャラクターだったように感じた。

声にしても、立ち振る舞いにしても、歩き方一つとっても違うキャラだった。

ここで思い出したのはEndless SHOCKのコウイチの敵役。光一さんが何かのインタビューで、キャラクター的にはヤラよりも、ウチの方が適している、と言っていた意味を改めて反芻した。

ルフィのどの側面に光をあてるか。主人公として物語の中心として、軸として、しっかり回していく機能的な面を重視するならば、猿之助さんのルフィの方が適している。

けども、等身大のルフィとして、何か危なっかしい、けれど皆に愛される魅力溢れるキャラクターであることを訴求するのであれば、つまりストーリー重視であれば、右近さんのルフィの方が適している。

声の出し方も猿之助さんとは違うし、時々うわずってしまって不安定なところや、ふわふわ軽く若々しい歩き方(意図的になんだろうけど)や、二人は同じキャラクターであって違うものとして出来上がっていた。

ダブルキャストで2年前に観たDREAM BOYS。ユウタとユウマ。同じストーリーで同じ台詞、なのに全然異なる印象、という経験を今回改めてさせて頂いた。

で、ストーリー重視派な私としては右近さんのルフィ/ハンコックはアリだった。危なっかしい感じも落ち着かない感じも大丈夫??って心配しちゃう感じも。隙があって空白がいっぱいある感じも。

とりあえずハンコックの美しさは右近さんの方が断然。。。

これも観られて良かった、と思った。猿之助さんが右近さんに託した思いを改めて感じられたし、歌舞伎の世界の奥深さ、良い意味でのしたたかさも感じた。

 

こうやって新しい時代が作られる。

新陳代謝は繰り返される。

伝統を「そのまま」繰り返すことも大切。

けど、その伝統を超えて新しいものに挑戦していくことも大切。

歌舞伎の世界は、その挑戦をすることで現代も続いている「伝統芸能」なのだと、引き継いでいく芸能なのだと、個人ではなく、時代で繋いでいくものなのだということを実感した。

この懐の深さが歌舞伎を歌舞伎ならしめている理由の一つであり、そして何もかも受け入れてしまう日本らしさなのだと思った。歌舞伎は日本の芸能、そして日本の文化、歴史。そうなり得た本質を垣間みられた気がした。

人として、こうして新しいことも柔軟に取り入れながら、でも絶対に守らなければいけないものを死守して、前に歩み続けて行きたい、行けるんだと思った。

自分の生き方は歌舞伎にならうところがあるな、と。

新しい要素を取り入れる柔軟さ。古いものを守り続ける強さ。

私の目指す生き方だわ。

 

で、まぁとは言っても、私が観ていたのは巳之助さんなんだけど!!! 本日も、ボンちゃんが可愛くて可愛くて>< ぬいぐるみを買いたいと思うほど。巳之助さん演じるボンちゃんのキャラが2年経ってもやっぱり一番大好き!!と思った。スクアードの苦悩に満ちた歩みももちろん心打たれるのだけど、でも、オカマ道まっしぐら、優しいボンちゃんの言動が今の私には一番染み入る。

前回買えなかったパンフを。台風来ていて雨だったから一瞬躊躇したけども、買って良かった。巳之助さんを知って、大好きになったキッカケを作ってくれたボンちゃん。

f:id:tr_kana:20171021184813j:plain

大好きだよ、ボンちゃん。

 

終演後、払い戻し対応してきた。終ってすぐにチケット売り場に向かったので待たずに払い戻し完了したけど、終る頃には長蛇の列だったので、終演後すぐに向かわれることオススメする。

f:id:tr_kana:20171021184856j:plain