peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

少年たち 観劇

3回目の観劇だんっ。テンション高めにお届け。

 

歌舞伎会のチケットのためか1回目(9/8)の時の隣の隣という良い席だったんだけど、双眼鏡を使うか使わないかが微妙で。本当は使ってガッツリ舘様だけを観ていたい(観続けていたい)気持ちはあるけど、、、周りの人使ってないし。。。初回は双眼鏡は使わず全体を観た。ただ使わないと舞台の後方の時や細かい顔の表情が観えなくて、さらに終った後に、舘様を観た!! という印象がぼやける。2回目に入った時は2階席の後方だったけど、ずっと双眼鏡とお友達だったので舘様ばっかりずっと追っていられて、終った後の満足感はハンパなく。2階席の方が満足度高いんだなぁ、私。(じゃ、双眼鏡使えよ、って話)。はい、今日は使いました。周りは使っていなくても負けずに使いました。るんるん

 

 

9/14(木)夜公演。

 

本日も「舘様、一等賞!」

他の追随を許さず、ダントツの一等賞!! でした!

おめでとうございます\(^o^)/

ありがとうございまーす\(^o^)/

 

「風の子一等賞」舘様バージョン、エンドレスリピリピリピ。

 

って帰りの電車の中、脳内で繰り返すくらいには浮かれポンチ。

 

舘様劇場からの演技とダンス。心臓持たない! 振り幅エグい!! カッコいい! イケメン!!

岩本くんの「可愛いひーちゃん」からの「イカツイ岩本先輩」も振り幅シンドいけど、舘様の「よく分からないお笑いキャラ」(多分本人はそんな気ないと思う)からの「キレッキレのダンサー」もかなりよ? 私、心臓痛いんだけど? 舘担さん皆んな大丈夫? あれ観て平気? 息してる? 出来てる?

 

色々カッコ良かったんだけど、とりあえず毎回面白さが倍増している舘様劇場(通称「宮舘劇場」)だけ残しておくことにする。

 

・・・

(太鼓が終わり、ステージ前方に出て来る。上手から下手側へ。舘慎、位置チェンジ)

宮舘「Hey! Everybody!!」

(客席、拍手と小笑い。舘様、会場見渡しながら)

宮舘「Hey!! Everybody!!!」

(客席、拍手&笑い。舘様、しばし会場を眺めて、、、。舘様、一歩前に出て、頷きながら)

宮舘「気持ち良かったら何度でもやる!! それが、、、、、、、宮舘、、、、涼太!!!」

(両手広げながら、叫ぶw フルネームw客席、拍手&笑い)

宮舘「さぁて今日はどこにしようかな」

(客席に降りて、客席をすんごい見ながらA列までツツっとやって来る。18か19番くらいの席の前に立ち、一度、2階席の方を見て、それから視線を落とす)

宮舘「はっはっはっ。まさか、ここまで来るとは思わなかったでしょう? はい、あなた。お名前は?」

(耳傾けて聞く舘様)

宮舘「タマエ? タマエ? 珍しいお名前ですね。で、今日は誰を観に? え?? 京本? 京本だって」

(舘様、慎ちゃんの方に向いて言う)

慎太郎「京本? 京本? ざいまーす!!!」

(舘様、慎ちゃん見て笑う)

宮舘「どこから? え? 東京? ココ(地面指す)ですね。あはは。僕は、一度見た顔と名前は忘れないんでね」

(舘様、ステージに戻りながら)

宮舘「今日の夢、気をつけなっ」

(決め顔&イケボ。会場、拍手。会場を見渡しながら)

宮舘「今日の夢、気をつけなっ」

(XA列前まで行く舘様)

宮舘「今度はあなたに質問があります。ここ日本、72年前に何があったか知ってます? うん、知ってますね」

(耳傾けて聞く)

宮舘「そう、戦争。大正解」

日劇東京宝塚劇場の説明からの)

宮舘「僕もいつかショービジネスを動かせるスターになりたいなぁ」

(会場、拍手)

宮舘「thank you! thank you!」

(左右向きながらお手振りw 会場、拍手)

(慎ちゃん出て来る)

慎太郎「さぁさぁ、俺、新しいヤツ考えたの。たくさんあるんだけど、今日一つやるね」

(ステージ中央へ来て、ちょっと照れながら)

慎太郎「ラスッ!」

(会場、笑。舘様、めちゃ笑ってる)

慎太郎「えっと、じゃぁ誰に答えてもらおうかなぁ。誰かーーーラスッ! やりたい人!」

宮舘「え?? ラスッ!を? いなくない?」

(慎ちゃん、階段降りる手前でくるっと向き直り)

慎太郎「じゃぁーーーーーあなた!!」

(舘様に向かっていく)

宮舘「ええええ?」

(舘様「俺?」って小声で呟くも、サッと切り替えて)

宮舘「ラスッ!」

(ポーズ付き。しばし停止。会場、笑い)

宮舘「こういうのもあるんです」
(舘様、超笑顔おおおおお)

慎太郎「質問です。1963年10月にとある劇場が出来ました。それは何でしょう?」

宮舘「えー難しいなぁ」

(速攻、間髪入れず)

慎太郎「はい、正解。日生劇場

宮舘「え? もう?」

(慎太郎、帝劇から、You & Meの話。今日も微妙だったぞ慎ちゃん。危ない。2人、ステージを降りてA列前の通路へ来て)

宮舘「もうすぐやって来るオリンピック〜(略)」

(携帯が鳴り出す)

宮舘「・・・ え? タマエ?」

慎太郎「え? タマちゃん?」

宮舘「や、タマエは何も言ってない。たださっきから笑ってるだけ」

(携帯をポケットから取り出す舘様)

宮舘「もしもし? 京本!」

慎太郎「大我? 大我?」

宮舘「え? 岩本を?」

慎太郎「照? 光っちゃう?」

(略)

宮舘「慎太郎!」

慎太郎「さま!」

宮舘「おい、だから、舘をつけろって」

・・・

 

字にすると面白さが伝わらない。超面白かったんだけどw

新曲カッコいい。もちろん。でも今日は演技の表情の豊かさに心を奪われた。目が良い、目が。悲しい気持ち、何これ? って驚く表情、嬉しいって笑顔、優しいまなざし。。。その時々の感情が目に、表情にとっても表されていて、素晴らしい役者さんだ! ってなった。

 

今日もVanishing Over客席降りで(今日は心の準備出来ていた)至近距離でお顔をじーっと眺めたのだけど、とってもイケメンだったよ。イケメンだよ、カッコいいよ。すごいカッコいいよ。嘘のようだよ。誰だよ、本当に、顔がタイプじゃないって散々言ったのどこのどいつだよ。私だよ。申し訳ないよ。全身全霊、反省、からの、謝罪。心入れ替えた。生まれ変わった気持ちで、超イケメン! 

舘様、一等賞!!

 

今日の夢、気をつける!