peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

帰省をするたびに

帰省する度に父親が5歳くらいずつ年老いていくようで何とも言えない気持ちになる。私も年をとるんだもの、そりゃそうだよな、という気持ちと、まだまだ全然元気で動ける年齢のはずなのになという気持ちと。父親の前では平気なフリして老いを肯定し、悲観的にならないようにしているけど、幼い頃からずっと私のヒーローであり、憧れであり、理想の人だった父親が弱々しくなっていく様子を見るのは正直辛い。

治せる力は無理だとしても、検査結果を見て何らかの問題を推察出来たり、気づけるような知識があればなと思った。

もっとこまめに帰って来なければと思うのに日常に戻ってしまえばそちらが優先されて、想いを馳せることもままならなくなる。もしも何かあった時これじゃ後悔する、って分かっている。のに行動に移せない。

やらなくちゃいけないって分かっているのに、やらなくてもとりあえずは何とかなっていると思い込んで手をつけない。気づいた時には手遅れ、にならないように。

親の老いに直面する夏。まずは知識がなさすぎて。情報収集から始めなければ。私の生活に新しいミッションが加わった。