peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

Espresso Discovery

KEY COFFEEのコーヒーセミナーへ行ってきた。

f:id:tr_kana:20170725183123j:image

今回はillyエスプレッソ ディスカバリー コースillyのコーヒー大学で、エスプレッソについて学べる1時間半とのこと。いつものKEY COFFEEのセミナールームがillyブランド一色に。さすが、としか言えなかった。徹底していた。

f:id:tr_kana:20170725221109j:plain

お馴染みのillyエスプレッソカップは、建築家のMatteo Thun氏によるものとか、ロゴマークは、ポップアーティストのJames Rosenquist氏によるものとか。

さすがイタリアンブランド。エスプレッソを学びに来たのに、アートや文化についても学べるなんて。

「あなたにとってエスプレッソとは?」

「イタリア人はどうしてこんなにエスプレッソが好きなんだと思う?」

といった質問を挟みながら、エスプレッソについて基礎からしっかり教わる。Perfect Espressoの定義、良いアロマと悪いアロマの違い、カフェイン等。さらに、エスプレッソの器具として、一般的なマキネッタ(モカポット)とナポリでしかない文化&器具としてのクックメーラ(ナポリタンコーヒーポット)。面白い。。。じわじわ面白い。。。

そして後半は、イタリアからイケメンなバリスタさんが来日されていたので、彼によるエスプレッソの文化を伝える実演。3つのレシピを。試飲含む。楽しみな時間。

<レシピ>リキッドシュガー10cc&ダブルエスプレッソを、シェイクする。「シェケラート」は「シェイク」という意味だそう。上にフォームがあるのが特徴。

f:id:tr_kana:20170725223721j:plain

  • アフォガード:アイスクリープとエスプレッソ。

<レシピ>バニラアイスクリームとダブルエスプレッソ。アイスクリームは何の味でも良いのだそう(知らなかった)だけどオススメはバニラとのこと。アイスの上にエスプレッソをかけて終わり。エスプレッソのメニューの中でおそらく一番簡単(シンプル)とのこと。確かに。「アフォガード」は「溺れる」という意味。

f:id:tr_kana:20170725224629j:plain

  • マロッキーノ:カフェモカ、みたいなもの。

<レシピ>普通の牛乳、無脂肪牛乳、ダブルエスプレッソ、チョコレートソース、ココアパウダー。フォームを作るのは無脂肪牛乳で。氷とチョコレートソース、ココアパウダー、牛乳、最後にダブルエスプレッソを入れてシェイクしグラスへ。しっかりフォームのたった無脂肪牛乳を最後にのせてココアパウダーをかけて出来上がり。「マロッキーノ」とは「モロッコ人の」という意味だそう。なぜモロッコかまでは分からなかった。

f:id:tr_kana:20170725224404j:plain

最初にいただいたエスプレッソを含む4種類。飲み干す。

f:id:tr_kana:20170725224717j:plain

エスプレッソが美味しいから、何をしても美味しい、という。一番美味しいと感じたのは、シェケラートだった。アイスクリームと牛乳が苦手なものだから当たり前か^^; 

 

1時間半のセミナーで、最も心に残っているのは「イタリア人にとってエスプレッソはコーヒーのベストな表現法」という、まさしく表現の仕方だった。

「コーヒーの表現」か。

私にとってベストな表現はドリップだけども、エスプレッソがあらゆるメニューの基本になっている、ベースだということに改めて知ることが出来て有意義な1時間半だった。最後にどっさり頂いたお土産を家で開封してビックリ。

f:id:tr_kana:20170725225335j:plain

最後の最後までさすが「ブランド」、これぞ「ブランド」体験だった。

 

■今日参加したのはこちら

www.keycoffee.co.jp