peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

1泊2日

f:id:tr_kana:20170716190955j:plain

1泊2日のサマーキャンプ。3連休ど頭の昨日、朝8時に新宿集合。総勢100人近い集団。何年も続いていて、最初から知っているプログラムだったけど、今年、私は初めて参加した。

「人生観が変わる」と何人かから聞いていた。当事者の生の声を聞くことや、悩みや喜びを共有することは、自分の中に彼らの経験や感情を仮想で取り入れることになる。その時に得る自分の感情や考えは、普段の生活ではなかなか起こらないもの。人間は人と人の間でしか生きられないのは、一人では決して経験し得ない、感じられない、想像すら及ばないことを通じて得られる何かがあるからだと思ってる。

非日常の環境の中、私は何を得るんだろう。

 

帰りのバスの中で、ずっとあの細美さんのインタビュー記事を思い出していた。

チャリティイベントの作り方も調べてみるといろんなパターンがあって、俺がいいなと思ったのは、参加する人たちが楽しかったなとか、元気が出たとか、そう思えるものに参加することで、いつの間にか重要な問題を身近に感じられるようになったり、理解できたりする。でまた行きたくなる、そういう良いサイクルでまわって広がってくようなもの。だからトークの企画でも「勉強になりました」とか「興味深かったです」って言ってくれるより、俺は単純に「今日、楽しかったです」って言って帰ってくれればいいなと思ってて。それが最初の感想になれば、きっと続いてく。

 

www.earth-garden.jp

「楽しい」という感覚。どうだった? って考えた時、最初に浮かんだのが「楽しかった」だったことを忘れまい。去年も同じような経験をした。そう。楽しいか、楽しくないか。それって初歩的すぎて忘れられがちだけど、学べる、とかよりも、楽しい、の方が気楽。重くない。

2日間、楽しかった。私は、最後方で見守る役が多かったし、それほど稼働はしていないのだけど、ずっと動きぱなしの仲間が頼もしく、生き生きと活動する様を見るのは嬉しかった。

随分と慣れてしまったものだ。良くはないのだけど。1週間前には全ての準備を終えていたいかつての私が見たら驚くだろう。だってマニュアル読んだの行きのバスの中なんだもの。