peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

ベルモット

ベルモット」と「シェリー」の違いも全然分からなかった私が、神楽坂のエスタシオンでの感動を再現したくてお酒を買い求めに走る日が来ようとは。まずはエスタシオンの感動内容はこちらに。

tr-kana2.hatenablog.jp

シェリー」と「ベルモット」の違いも良く分かっていなかったので、↑では「シェリー」て書いちゃっているけど、実際は「ベルモット」が正しい。あえて修正しない。

感動冷めやらぬ、先日、自宅でもアレを飲みたいと思いたち、輸入系のお酒をたくさん扱うリカーショップへ。有名な「シェリー」を購入し、ローリエを浮かべて飲んでみた。

f:id:tr_kana:20170707200557j:plain

全然美味しくなかった>< で、よくよく思い出し、調べて、私が飲んだのは「ベルモット」だったのだとようやく気がついた。何がってとにかく飲み口が甘く、ハーブの香りがとても爽やかで新鮮だったから。

 

ベルモット:白ワインを主体とし、ニガヨモギなどの香草やスパイスを配合して作られるフレーバードワイン。主に食前酒として飲まれるほか、カクテルの材料や料理に使われる。イタリア発祥のスイート・ベルモットとフランス発祥のドライ・ベルモットがある。

シェリー:スペイン・アンダルシア州かディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラとその周辺地域で生産される酒精強化ワイン。原料は白ブドウのみが用いられ、蒸留酒やリキュールではなく、白ワインの一種である。

 

フレーバードワイン、という言い方が非常にしっくり来た。これだ! 調べると、扱っているお店が中野にあることが分かったので、買いに行き、無事にゲットできた。赤と白があったけど、赤を購入。

f:id:tr_kana:20170707201457j:plain

うちにも来ました! 1枚のローリエも準備。

f:id:tr_kana:20170707201613j:plain

氷とローリエのグラスに注ぐ。一口飲む。これだ! エスタシオンで飲んで感動した味がここに! これは危険。飲み過ぎる。。。美味しい。

ちなみにこのベルモット、炭酸で割っても、紅茶で割っても美味しいらしい。

商品ページはこちら。約20種類のハーブ!

www.biancorosso.co.jp