peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

七月大歌舞伎 昼の部、観劇

チケットを取った時はまさかこんなことになるとは思いもせず、ただただ海老蔵さんと巳之助さんの連獅子が観たいというだけだった。こんなことになろうとは人生何があるか分からない。

f:id:tr_kana:20170706165650j:plain

先月が若干消化不良だったから、今月は巳之助さんをもっと観れますように! ということで、本日は2幕の「盲長屋梅加賀鳶」から。

世話物は分かりやすくて入り込みやすい。といっても、巳之助さんの出番、初っ端の場のみだけだったけどw 花道にずらっと並んだ面々を観て、巳之助さんに気づけなかった私。なんで巳之助さんだけ顔が白いんだろう?! まさかあれが巳之助さんだとは。台詞をテンポ良く言っていくところで、あれれ? 巳之助さんの声?? って慌てて双眼鏡を構えた。まだまだですな、私。

道玄役の海老蔵さんが剽軽で軽快で残酷で面白くて怖くて、、、。質屋にいちゃもんつけて金をだまし取ろうとするところの駆け引きも、最後の大捕り物の暗闇のシーンも、とっても面白かった(面白かったという感想はおかしいかもだけど)。なのに、金のためなら人殺しもしちゃうし、姪っ子売っちゃうし、妻も殺そうとするし、残酷すぎ。イヤホンガイドで「冷酷で残忍なのにどこか抜けていて憎めない道玄」みたいなニュアンスで紹介されていたけど、いや、憎めなくない。

昔のストーリーだから、創作だから、って思うけども、うーん、、、私には合わないストーリーだったなぁ。新春浅草歌舞伎で観た「傾城反魂香」もだったけど、どうも肌に合わない。全盲の主人公(道玄はもどきなだけど)だからなのか。。。

そして3幕は今回の一番楽しみだった「連獅子」! お能狂言に詳しくないから松羽目物には若干アレルギーがあったけど、「連獅子」はそんな私でも大丈夫だった。親獅子を海老蔵さんが、子獅子を巳之助さんが、、、二人の組み合わせは、2回目ということだったけども、これからどんな二人の「連獅子」を観せてくれるのか楽しみ。こういうのが観たかった! 毛振り圧倒されたなぁ。良かったなぁ。あわよくばもう一回くらい観たいくらい。

www2.ntj.jac.go.jp

今日つくづく思ったけど、歌舞伎“も”相当「トンチキ」だなって(失礼を承知の上)。様式美や決まり事など、その時点で相当トンチキに満ちている。ジャニーズの舞台、恐ろしいほどトンチキで、トンチキこそがジャニーズの舞台だと思うけど、ジャニーズ特有の舞台のトンチキさを決まり事、としてしまえば定着して、それが「普通」になっていくんだな、って。歌舞伎の決まり事を知れば知るほど、楽しさが増えていくんだと思った本日。

 

最後に。本日ももちろんいつものを。

f:id:tr_kana:20170706165824j:plain

f:id:tr_kana:20170706165904j:plain