peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

光り輝くSnow Manの記憶

2017年5月30日〜6月4日、日比谷のシアタークリエ、ジャニーズ銀座2017のラストを飾るSnow Man公演。Snow Man公演としては初の土日公演を含む全10回。当日券の人数が記録更新を重ね、オーラスを飾るに相応しいオオトリだった。

私も憧れだった、幻だった、桃源郷だったSnow Manクリエ公演に参加することが出来た。ようやくだよ、ようやく。

目の前で繰り広げられる6人のパフォーマンス、トークは、これまで観てきたどんなステージとも異なっていて、温かかった。Snow Manというグループとファンが作り出す空間は温かかった。誰かのバックじゃない。たくさんいるうちの一部じゃない。ステージには6人しかいない。6人で作り上げる世界観。このグループなら大丈夫。いける。何の保証もないけど、そんな気持ちにさせてもらえた。

これまであまり気づけなかったメンバーそれぞれの印象的なシーンについて、忘れないうちに残しておく。今回、Snow Man公演を観る前と後で何が1番変わったかって、びっくりするくらい「Snow Manのメンバーが好き! Snow Manというグループが好き!」となったから。アイドルとして、人として魅力いっぱいのSnow Man。

 

<なべ(渡辺くん)>ζ/‘∀‘*)

オーラスのカテコ。全公演を終え、やり切った表情の渡辺くんが緞帳の前で

クリエの季節は、春の終わりと夏の始まりっていう良い区切りになるんだよね

としみじみ語り、会場やメンバーから「ふぅ〜〜」ってなったすぐその後に

だから、皆、夏をエンジョイしようぜぇ〜〜。以上でーす!

って、岩本くんの言葉を借りるなら「それただのパリピじゃん」な渡辺くんになったところが印象的だった。

「春の終わりと夏の始まり」をクリエに感じる渡辺くんの感覚も、それを充実感に満ちた穏やかな顔でしみじみ語る姿も、何より「ふぅ〜」って周りがなってすぐにチャラい渡辺になる変わり身の早さ、とてもカッコ良かった。

これまで幾度となく頭の回転の早さは垣間みてきたけど、今回それにプラスして発見できたのは、視野の広さと空気を読む能力の高さ、ぽんぽんと軽妙に出て来る言葉が本当はとても繊細なところ。(ほとんど観れていないけど)踊っている時と歌っている時は、正直、キツそうだし大変そうだし苦しそう。ついていくのがやっとな感じさえする。そんな時でも常に彼の中には非常に冷静で冷めた目線があって、俯瞰で見渡しているような印象を受けた。

まだまだ分からないところがいっぱいだけど。渡辺くんが舘様の幼なじみ、シンメというのが本当に面白いし、キセキだと思えた。

 

さっくん(佐久間くん)>(*´」`)

さっくんの「おバカ」が本当だと知ったクリエだった。MCでさっくんがしゃべるたびに「凄い」って何度言ったことか。それ以上に言葉を失った。絶句。バカにするとかじゃなくて、さっくんの発想が「天才」すぎて。紙一重ってこのことかよ、だった。私、基本、頭の良い人が好きだし、いわゆる天然とかおバカとかが苦手だから、正直、メンバーの中では一番遠いところに置いていたけど、今回、さっくんは、おバカと天才が共存する希有な存在であることが良く分かった。

MCを仕切る役を10公演やって、最終的に「ダメだった」という結論が出されたけど、本当に見ていられないくらい酷かった。向いてない、向いてない。一方、オーラスでSnow Manのオリジナルのグッズを作ろうって話のくだりで、オタクなさっくんの意見は非常にまともで、なるほど! なもんだった。ちゃんと自分で考えて、自分の言葉で語れるんだ! って嬉しい発見も出来た。メンバーも「おー日本語出来てる!」と驚くほど珍しいんだろうけど、そりゃオタクだもん、単なるバカではない! 今後はMCではなく得意分野で話させてあげるのが良いかと。

あと、どうした? ってくらい岩本くんのアタリが初日からキツくて、さらに渡辺くんとか阿部ちゃんとかからのアタリも結構キツくて、、、少し、デジャブ(涙)トラウマ(涙)ってなったけど、大丈夫だろう、と信じてる。「笑ってごまかすのやめなよ」って渡辺くんとかから何度も言われてるけど、「笑う」処世術が染み込んでしまっているから治すの難しいんだよね。

 

<阿部ちゃん>(*゚ヮ゚)

阿部ちゃんにまつわる噂を次々と実際に目の前で見せられて非常に納得した公演だった。嘘みたいな本当の話、ということで落ち着いた。ここまで完璧な人いるのだろうか。。。

「ボケの大渋滞」を何度も起こすSnow Manを「捌き切れねぇ」って嘆く阿部ちゃん先生。「墾田永年私財法」をラップ調にするとか斬新すぎて天才。頭良すぎて変わってる。

阿部ちゃん先生の終わり(BWB前)一人で挨拶するところ(今回、ステージで一人だけで何かをするのって冒頭のシャドーダンス以外では阿部ちゃんの挨拶くらいだったんじゃないかな)一生懸命伝えてくれるひたむきな姿には頭が下がる思いで。かと思いきや、急にオラオラ出て来ちゃうし。オーラスは何かのたがが外れたのか、ずっとおかしなテンションで面白かった。テンパっちゃうんだろうね、一喜一憂感がハンパなくて末っ子の可能性ひしひしと感じられた。

オーラスAAOで客席後方まで行って帰ってくる阿部ちゃんを見ていたら、緑のペンライトにしっかりファンサして、通路から奥の方の席に緑のペンラが集まっているところには何回かトライして手を伸ばすけど、届かない><って感じで、通路で手を振っていて。。。これが噂の「緑狩り」ってなったよね。あれ目の前でやられたら落ちそう(落ちない)。

本当に存在するんだ噂の阿部ちゃん。

 

<ふっか(深澤くん)>(* е )

今回のクリエで一番の収穫は何て言ったって、ふっかのカッコ良さに気づけたことに尽きる。本当に申し訳ないけど、長いこと、ふっかのどこが良くて、どこがカッコいいのか正直、分からなかった。何となくは分かっていたつもりだったけど、具体的な説明が出来なかった。それは人からの受け売りばかりで、自分の中にはなかったから。それが今回のクリエで、ふっかの魅力にがつんと気づけた。皆がふっか大好きなのが分かったし、こんな子がいるんだって泣きたくなるくらい愛おしくなった。

MCを一人で仕切るが今回の一つの挑戦だったと月曜のブログで知ったけど、すごく良かった! ふっかのMCは安心して任せられて、それはそれは温かかった。Snow Manの温かさ、Snow Manの良心は、ふっかの温かかさ、包容力の賜物みたいなものだと思う。ふっかは誰のことも傷つけないね、ってスノ担の友だちと話していたけど、これって難しいことだよね。自分を使って笑いをとるけど、誰か他の人のことをおとして笑いをとったりはしない。潔いくらいに。とにかく優しさの塊みたいな子だなぁって思った。コミュニケーションのお化けとは聞いていたけど、人の話も良く聞いて拾って反応して、さらに的確に自分発で情報も発信出来る。優しくて強くて頭良くて温かかい。めちゃかっこ良い!!!

オーラスの出来事。ふっかと岩本くんが同時に話し出して2人して「あれ?」となった場面。

岩本「いいよぉσ(-∀-) 同じようなこと言おうとしたと思うから」

(どうぞどうぞって譲り合う2人。突然、2人の間に挟まれていた舘様が前に出るw)

宮舘「じゃぁ俺が(*`ё´) 」

(間が絶妙で、会場、爆笑www ってなって。いわふかも舘様の背中見ながら笑いあう。舘様は周り見渡して、満足そうに後ろに下がる)

深澤「ごめん(* е ) 俺、言おうとしたこと忘れちゃったからさ、だから岩本さん言ってよ」

岩本「σ(-∀-) それもこうやって応援してくれる皆さんのおかげですよって言いたかったの」

深澤「あー! それ俺、言いたかったやつだ(* е )」

岩本「なんだ同じかよσ(-∀-)」

(岩本くん、非常に嬉しそう)

ファンは気づいていたよ。あたかも忘れた風を装って、ファンに向けての言葉を自然に無理なく岩本くんに譲って、言わせたんだって。ぞわって鳥肌たちそうだったもん。

ふっかはSnow Manのために自分を使うという道を選んでいる。去年の滝沢歌舞伎の千穐楽の口上で宣言したように。全てはSnow Manのために。それが分かるから、愛おしくて頼もしくて本当に最強の最年長さん。

 

<岩本くん>σ(-∀-)

岩本くんの未来は幸せであって欲しい、そう思って来た。岩本担の時代は短かったけど、でもあの時からずっと変わらない。そしてその思いを改めて強くしたクリエだった。メンバーが「ひーくん」「ひーちゃん」に振り回されながらも嬉しそうなのと同じように私も、岩本くんがいろんなワガママ言っても、岩本くんが笑っていてくれればそれだけで良いかなって思うくらいに甘々。いや、皆、岩本くんに甘すぎる!!(笑)でも、そのくらいで良い。お願い、ずっとひーくんには甘々でいて。

にしてもパフォーマンスしている時の迫力ある切れそうなカッコ良さと、MCの時のお子ちゃまぶりの振り幅が激しくて、面食らったのは事実。とにかくお兄ちゃんずが大好きで大好きで、さっくんには反抗期到来で、ふっか大好きで、舘様大好きで。素に近いところで、感情を素直に出せていて、それだけで私は嬉しかったし、大丈夫だと思えた。何より、既出だけど、オーラス最後の挨拶の言葉。全てこれに集約される。

この5人にも感謝してるんで、僕はみんなのことが大好きです!

これ聞いた時、あー負けたって思った(笑)。そして良かったって。私もSnow Man大好きだけど、岩本くんほどじゃないな、まだまだだなって思った。Snow Manに岩本くんがいてくれて良かった。けど、それ以上に岩本くんにSnow Manがいてくれて良かった。素直に感情を爆発させられる場所がある幸せ。それを受け止めてくれる仲間がいる幸せ。大好きな仲間の中で伸び伸び才能を磨ける幸せ。岩本くんが持っているたぐいまれな才能を開花できるのはSnow Manがあるからだって。岩本くんが幸せなら私も幸せだよ。

あと、歌が上手かったよ! 下手下手って聞いていたけど、全然上手かったよ! 若干、RUSH OF LIGHTの入り部分とキセキのソロは心配なところあったけど、全然いけた。ボイパも武器になりそうだし。しっかりしっかり努力を重ねて一つ一つ成果を見せてくれる喜びを感じられる幸せ。私が担当だった時の何倍も何十倍も魅力に溢れていて嬉しかった。

 

<舘様(宮舘くん)>(*`ё´) 

自担さま舘様については改めてページを設けて書きたいと思うのだけど、他のメンバーと違って、冷静に観れていないからうまくまとめられない。が一つだけ。こちらも阿部ちゃんと同じく、「噂」が本当に本当であって、面食らったという点。話す言葉が全て演技がかっちゃうような声とそれに乗っかるようなアイドルキャラは全然良いのだけど、MCで不思議な言動を繰り返しているのを見て、あぁこれか! と。何年も前からレポで見ては??だった「宮ちゃん、ちょっと黙って」みたいな意見の真意、今ここで。ようやく私にも。

誰かの言葉、単語、音に反応して、すぐに乗っかるのね。あの思考回路が私にはないから、正直、聞き間違いだらけで、いやーーー舘様と合わないんだわぁって実感したクリエだった(笑)。

  • 「数列」「文字列」→「オムレツ」
  • 「壁の繊維」
  • K(蜘蛛)が出るって話で→「今日糸出せるんでしょ?」
  • ほまる(おまる)
  • ミスターG→「ミスかもしれないよ」
  • ふっかの「俺」の発音がオレ↑ってなって→顔の横で手を叩き「オレイッ」ってフラメンコ踊る
  • 髪直角の話→「分度器あてれば良いじゃん」
  • おにぎりの具の話(阿部ちゃんの鶏五目)→「頭脳戦だな」(ひーくんの「それ頭脳戦じゃないよねwww 頭脳派だよねwwwww」)

いくらでも出て来る出て来る。やめとこう。カラスの真相は結局分からなかったけど、とりあえず長年の謎だった「おにぎり」は舘様も「もうその話、やめません?」ってなると知って安心したけど。。。にしてもほぼ意味が分からないw 考えるの止す。

ただ、何かの神様が憑依してんじゃないか? ってくらいダンスはもちろん素晴らしくて視線も心も全部もっていかれた。さらに歌声が本当に良くて良くて、この人、めちゃめちゃ歌えるんじゃん!!! 何でも出来るんじゃん!!!! と興奮したのでした。つまり要するに(?)舘様、最強、最高、Psycho。舘様担になって間違いなかった。ただ標語は、しゃべるな危険。ポンコツすっとこ発動。

 

以上!! 光り輝くSnow Man、大好き。この6人で良かった。 (*-∀-)ζ/‘∀‘*)(*`ё´)(* е )(*´」`)(*゚ヮ゚)