peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

細美さん

絶賛ジャニヲタライフを満喫中だけど、今日発売のrockin'on JAPAN「MONOEYES 2nd アルバム完成間近! そして細美武士、10年間を語る」とか言われたら買わない理由なんてない。タイトルうますぎ。インタビューアーはやっぱり山崎さん! 

f:id:tr_kana:20170601144005j:image

本日、今年初のクリエの当日券(昼公演)に並び、敗退した後、Myojo LiveとJAPANを購入した私な。節操ないというか、守備範囲広いというか。うん。MyojoとJAPANな。どっちから見ても、なんでぇ? だろうと思う。分かる。だけど不思議なんだけど私の中でうまく共存しているんだ。仲良く並んでる。

昔は、けっアイドルなんてっ、てバカにしていたけどなかなかどうしてこちらはこちらで面白い。バンドみたく、特に細美さんみたく自由に自分が思うままに生きていけるほど自由はなく、かなりの部分コントロールされて窮屈だろうなって思うこともしばしば。本人たちはあんま感じてないかもだけど。才能はもちろんだけど、それより忍耐や努力も同じくらい必要とされる。

 

さてさて、細美さん。エルレのラストや震災の影響やそして大切な一言など。さらに今の状態。ちょーー聞きたかったことが、盛りだくさんだった。嬉しい嬉しい。インタビュー読む度に、この人はどうして相手を斬りながら同じくらいの深傷を負うんだろう。周りを傷つけながら、誰よりも自分が傷ついてしまうのはなんでだろう? って思っていたけど、ようやく腑に落ちた。

細美さんの素晴らしいとこは、ぐちゃぐちゃでも、真っ直ぐに言葉で伝えてくれるとこ。必死に自分の中身を掘り下げて、そこを表現しようとしてくれること。アーティストだからそれが普通なのかもしれないけども、泥くさく、埃にまみれながら必死に道を切り開こうとしている人はステキだな。

 

さて、夜公演の当日券並んでくる(そこ)。