読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

親友ちゃんのこと

担当が変わり、何となく疎遠になっていった友たち。同担時代はあんなに毎日のようにLINEをしたり、会っていたのに、担当辞めて約1年。めっきり交流がなくなってしまった。現場で会うと懐かしさも含め普通に話せるけども、でも特に何かを話す必要がなければ話すこともなく。そういうもんかな、って寂しくなったりする。結局、ジャニヲタって同担(もしくは担当)繋がりだったりするのかな、って。そして話す内容はやはり自担のことだったりするから、共通の話題がなくなったり、一方が拒否反応をおこす時点でアウト。あんなに濃い時間を過ごした友たちともう一緒に過ごすことが出来ないんだなぁ、ってたまにセンチメンタルになることもあるけども、でもだからって集まったところで何を話すよ、ってなるのは目に見えている。これがヲタ友の限界か。

でも。何を肯定するわけじゃないけど、一緒に過ごした時間は貴重で、あの時の思い出は私の中でも大切。友らのことを嫌いになったわけではなく、ただ話す内容が尽きてしまった、ということで。

そんな中、2012年からずっとずっと変わらず「友」と言える繋がりを持てている友がいる。私は彼女のことを「親友ちゃん」と呼んでいる。最初は「同担」だった。2012年〜2013年にかけて同じ舞台に一緒に行くようになって仲良くなった。デビュー組だった。しかも二人ともジャニーズにハマるのはそれが初めてだった。その後、ドリボで彼女がなべしょを気になり始め、私もあわせるかのように岩本くんが気になり始め、そして2013年秋に二人してSnowManに降りた。その後、今度は私が先にプレゾンで元担に降りて、同じくらいに彼女は冨岡くんに降りた。どんどん深い沼にハマっていく感じも、タイミングも一緒ということもあったけど、担当が変わっても何も変わらずに関係が続いている奇跡。去年の春に私がジャニヲタを辞めて、なのに、キスマイのコンサート一緒に行かない? って言ってくれたのも彼女。舘様いるよ? って。2013年冬からずっと私が舘様、舘様言っていたのは知っていたし、何なら仮面ティーチャーの舞台挨拶も無理やり彼女を連れていったくらい。私が舘様に落ちて行くのを必然とみてくれる友。

最近じゃ現場が全然被らないから一緒に入る機会も減ってしまったけど、その代わり、歌舞伎とか他の舞台とか、彼女が好きな世界にも引き入れてくれて、感謝しかない。

自担の話をしなくても、話す内容があるって、大切だな。そこがあるから繋がっていられるんだろうな。

 

そんな彼女が今朝、LINEを寄越してきた。

 

親友ちゃん「舘様のカラスの話がツボすぎて辛いです←」

(遂に来たか、この時が、、、絶望)

「カラス、やめぃ。。。ねぇ、やっぱり、すっとこ、ポンコツ、、、」

(言葉に詰まる)

親友ちゃん「(`ё´)<ねぇ!窓開けてみて!カラスがいるよ!! ww」

「wwwwww つらいwwwww うそでしょwwww」

 

からの、夜になって、今日のクリエに冨岡くんが見学行ったという話から。

「もしかしてポンコツ?!」

(と、トミーのことを言ったら、即答で)

親友ちゃんポンコツではない!」

「wwwwwww 即答w ですよね。ポンコツではない。知っている。仲間にしたかっただけ(自己都合)」

親友ちゃん「ふふ」

私 (悲しいスタンプ)ポンコツいやよね。。。」

親友ちゃん担当じゃないと楽しいよ。ギャップたまらん」

「wwww」

親友ちゃん「見た目あんなマダムキラーっぽいのに」

私「マダムキラーww ますますそのへん磨きかけちゃっているのに。素はすっとこポンコツだよorz 私、ポンコツ嫌い← でも好き←」

親友ちゃん「その辺が微妙な塩梅ね」

 

そうなんだよ! 舘様のだてだてしさとポンコツのギャップは担当じゃないと「たまらん」のだよ。楽しいのだよ! マダムキラー、とか、年上得意そう、とか散々言われちゃうキャラなのも分かるんだよ!! 担当じゃなきゃ! あははって軽く受け流せるのになぁ。

そこに、おにぎりネタも流れて来ていて、ダメだ、舘様のポンコツすっとこぶりが世間にバレる(いやバレてる)。。。