読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

今は混沌

少しすれば落ち着く(落ち着かせる)のは分かっている。けど今この瞬間の私の頭というか心のなかは混沌としている。底まで見通せないほど渦を巻いている。けどもう少しすれば、私は自分なりの方針、基準を見つて、そこに落ち着く。分かっている。けど、今は混沌としてる。

このカオスを生み出したキッカケは何気ない仲間の一言だった。

今日は朝から某大学で夕方までクライアント対応。終了後、最近ずっと一緒に仕事をすることが多いコタくんと大戸屋で夕食とることに。その話の中で、私が組織の中でそういう風に見られているんだということがたくさん知れて、びっくりというかショックというか。いやそうだとは思うけど、そこまで? って。発言力が強い。誰より力ある。辞めるというオプションを持っている人の中で一番力のある人という位置づけとのこと。確かに、、、と思う節がありすぎるし、先日の「これ脅しかな」に通じるところがあるので、全面的に肯定するんだけども、一つだけ言いたいのは、私は組織の中で力をつけたいわけでも組織を乗っ取りたいわけでもなく、正直、組織で権力を得たいとか、組織の中で上に行きたいとかいう野望は一切ゼロ。あくまでも自分という超ちっぽけな世界の中で必要と思うから発言をしっかりしているだけ、と。言わないと分からないから言うだけで。ごくごく当たり前だったけど、大人しい子が多い中で言うと特別強く見えてしまったのかもしれない(と若干反省)。

でも、言わないで、ぐじぐじ言うのは違うよね、って言ったら、だから僕もちゃんと言おうと思うんです、と言い出したもんだから、嬉しくなった。

皆、ちゃんと言えば良い。それで対応してくれないなら先は真っ暗。それでもそこにいたいのか自分に聞いてみる必要がある。私は転職を繰り替えたし、組織に属することにそれほどの価値を見いだしていないから余計なんだけども。

でも世の中はここまで割り切って考えられるほど甘くはない、とは聞いている。まぁそれは知ってる。けど、世の中の縛りと、自分の自由という名の幸せだったらどっちが大切?

私が出しゃばることで窮屈になっている子たちがいるかもしれないということ、私が力をつけていると見られていること、新しい発見。だからと言って自分が思うように私は生きたい。誰かの顔色を伺うような生き方はしたくない。だから、自ずと答えは決まっているんだけども。でも今はまだカオスの中にたりする。そうか、私はそんなに強いのか。