peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

猿若祭二月大歌舞伎

猿若祭二月大歌舞伎の夜の部を観劇。青空強風、とりあえず寒かった!

f:id:tr_kana:20170221220528j:plain f:id:tr_kana:20170221220542j:plain

仕事の関係で3つ目の演目「梅ごよみ」は途中までしか観られなかったけど、「門出二人桃太郎」と「絵本太功記」はしっかり観られて満足。

www.kabuki-bito.jp

初舞台となる中村勘太郎くんと中村長三郎くんの二人が将来、素敵な歌舞伎役者になりますように。いちいち「可愛い」って歓声があがるほど、何をやっても可愛い5歳と3歳の兄弟。大きな伝統と歴史と文化を背負っていくことになるんだろうけど、巳之助さんのようにイヤだったら途中やらなくたって良いんだし、やりたくなったら戻ってきたら良いんだし。歌舞伎は懐深いはず。

「絵本太功記」は、母と息子を死なせてしまう(半ば自分のせいで殺してしまう)光秀の非情さ冷静さがやるせなさを増幅したけど、戦乱の世の中において、そうならざるを得なかった人間の悲劇を垣間みられて、何とも言えなくなった。舞台全体が重かった。テーマも重かった。光秀を責めるのは簡単だけど、きっとそういうことじゃなく、悲劇が悲劇を生む悪循環。争いは不毛。

 

今回も、観劇前に「めでたい焼き」を。美味しかった♥️

f:id:tr_kana:20170221220632j:plain

白、からの、

f:id:tr_kana:20170221220650j:plain

ピンク!

f:id:tr_kana:20170221220711j:plain

歌舞伎、好きだわーーー。