読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

この半年、限界を越えるべく自分の持てる力を出し切って、ない頭を使って知恵を出し合って、そうして大きな山をいくつも仲間と一緒に乗り越えてきた。一種の「バブル」な業界に身を置いたせいで、一ヶ月で見える世界が変わっている。半年がこれまでの数年分に等しいくらいの濃さがある。環境ががらりと変わった世界の中で、変わらないといけない自分。毎日が自分との闘い。昨日の自分との闘い。どこまで私はスピーディに、どこまで私は洗練されていけるか。随分と熱い道のりになった。

自分が変われば、環境が変わる、とは仏教の言葉だけれど、今の私の状況は真逆。環境が想像以上の速度で変化していく中、自分も変わらなければついていけない、置いて行かれてしまうそんな一種の恐怖みたいなものも感じている。振り落とされずに私はどこまで着いていけるのか。毎日、そんな風に格闘してる。

「熱い人」が苦手だった。ずっと。どちらかと言うとクールな人に憧れていた。と自分では思っていた。けれど、実体は違っていた。私はクールな人に憧れながらも、そうはなれない人間で、結局、好きになる人も熱くて真っすぐな人が多かった。「熱さ」が連れていってくれる世界。導いてくれる環境。私って自分が思っている以上に熱かったんだ、って最近良く思う。頑固で融通効かないところもある。でも真っすぐに仕事も人生も向き合ってるから仕方ないと思うところもある。もう少し柔軟に、柔らかに、楽しく、「適当に」って思う。そう、思うんだよ。だけどどうしたって出来ない、なれない自分もいて。

でもさ、好きな人が細美さんで、舘様で、って言う時点で、そういうことじゃんね。そして今の仕事で支えたい彼もそういう人じゃんね。