読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

ルームクリーニング費

「ルーム(ハウス)クリーニング」ってなんぞ? 私の場合は簡単に解決したけれど、色々な方のブログとかを読んでいると意外に揉め、裁判にまで発展するケースもあるとかで、これちゃんと知っておいた方が良いな、と思った。

 

<私が借りていた物件について>

・2009年から事務所として借りていた1R

・オフィス利用だったのでお風呂及びキッチンはほとんど使用せず

・2015年にオーナーが個人の方から、大手の不動産会社に変更となった

 

<起こったこと>

●昨年末に引っ越しをし、翌日、鍵を返却。不動産会社の人と部屋の確認をする

7年半近く借りていたので常識の範囲内での劣化、使用感はあるものの、特段大きな傷や汚れはない。水回りもほとんど使用していなかったので汚れも酷くない。この時に「特にご請求することはないと思います。ルームクリーニング費だけですね。そこを後日お知らせしますので、サイン頂き、お戻しください」と言われ、了承する。

●先週、先方からFAXが届き、現状回復工事見積書として「ハウスクリーニング費」が35,000円(税別)と知らされる

引っ越しのタイミングでしかお目にかからない「ルーム(ハウス)クリーニング費」。なので、費用感もなくそんなもんかと思ってサインをしようと思ったその時、私はふと思った。「本当にあの部屋、ルームクリーニングするのかな?」と。というのも理由が2つあって。

  1. 7年半も住んだ部屋をクリーニングだけで次に貸せるのか:いくらある程度キレイに使っていたとはいえ7年半も住んだ部屋。タバコも吸わないから壁紙もキレイと言えばキレイだけど、でもこれをルームクリーニングしただけで次に貸せるのか? という疑問。私だったらイヤだ。使用感ハンパない。
  2. 現オーナーの不動産会社は、この部屋を売却しようとしている:これが大きいのだけど、実は、昨年の秋頃から物件を探し出した時に、たまたまこの不動産会社が、当時、私が借りていた部屋を売却しようとしているのを見つけてしまった。今、都内の不動産は値上がりしていているとかで、おそらくかなり高く売ろうとしているんだろうと思った。「現在、賃貸で利用中。いつ出て行くか不明」みたいな文言があって、そうかぁ、うちが出て行けば不動産屋さんは売れるんだぁ、って思ったのだった。

そんな訳で、売るには売るなりに部屋をリフォームしなければいけないだろうし、そうするとリフォームするならルームクリーニング不要じゃない? という結論に。

でも、そこはあくまでも素人考え。そもそもルームクリーニングの相場っていくらくらいなのだろうと検索。まぁ出て来る出て来る。ありがとうってくらいに出て来た。で、1Rの相場としては35,000円は相場内と知る。さらに、いろんな方のブログ読んでいて学習する。私の場合はたかが35,000円(税別)だけど、広いお部屋とかご家族で住んでいた方とかになると、そりゃ額も跳ね上がるし、、、トラブっているケースがいくつも出来てきて興味深く読ませてもらった。そして何よりも、ルーム(ハウス)クリーニング費は絶対に負担しなければいけないものではない! と知った。(知らなかった) 

 

<私のしたこと>

賃貸契約書を改めて確認をし、ルームクリーニング費の箇所を見つける。

第22条 乙(借主=私)は下記費用について負担するものとする。

(3)専門業者によるルームクリーニング費用。

※但し乙が通常の掃除(具体的にはゴミの撤去、掃き掃除、水周り、換気扇、レンジ回りの油汚れの除去等)を行っている場合は除く。

「但し書き」ありがとうということで、早速「通常の掃除」を行って来たので、クリーニング費は必須ではないと思うのですが、いかがでしょうか、と問合せをしてみた。そしたら数日経って、

ご指摘いただきましたクリーニング費用負担の件ですが仰る通り契約書には通常掃除を行っていれば負担は無いとの文言がございます。通常掃除の解釈は人それぞれかと思いますが、今回はご入居様ご負担は¥0と判断いたします。ご負担金はありませんのでこの書面を持ちまして確定とさせていただきます。

とFAXが送られて来た。「通常掃除の解釈は人それぞれかと思いますが」の文言に若干カチンと来たけど、まぁ負担ないということなので、いっか。。。無事に解決した。一件落着。

 

今回も「知らない」ことが一番のリスクだということを改めて思い知った。そして、私が何も言わずにサインしていたら、ルームクリーニング代はどこに消えていたのだろうとも。こんな金額、不動産会社からとったら微々たるもので、なくてもあってもどうでも良いものだろうけど、知らない前提で出してみて、向こうが知らなかったらラッキー、知っていて交渉して来たらアンラッキーみたいな姿勢が見え隠れして、どうしても腑に落ちないし、そういうの私、キライ。まっこれも、不動産会社に対して前々から良い印象がないからなのだけども。。。分かっている。。。