読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

your name.

日常

完全に観に行くタイミングを逸していた「君の名は。」だったけど、ようやくようやく昨日、観て来た。公開から2ヶ月目。

昨日は午前中のアポが全部なぜかキャンセルになって、だったら! ってことで一番早い10:40の回を予約してGO。新海さんの作品はDVDでだけど全部観ていたし、美しい美しい世界観が好きだったから、もっと早く来たかった(言い訳)。

f:id:tr_kana:20161026140943j:plain

私の周りの感想はRADWINPSの曲が良いとかそんなんばっかりだったせいもあり、作品の内容自体は良く知らないまま鑑賞。

 

最初の感想は「美しかった」。描写が緻密で繊細。リアルだった。ストーリーのファンタジー要素が描写のリアルさに良い意味で消されていたし、思春期の気持ちの細やかな揺らぎと都会と自然の相反する空気感が、災害、悲劇をより一層際立たせていて、感情移入しやすいんだなって感じた。

だけどこんな感想、既に溢れかえっていて私が今さら何さなのは自覚しつつ。ただ何回も観てしまう理由の一つだろう新海さん作品の大量の伏線の回収の面白さは、さすがに初回ではハードル高くて出来ず、いくつか ?? はあったからあれを知るためにもう一回観に行けば良いんだろうけど、私は一回で十分だと思った。

 

というのは、観終わった後、何とも言えないモヤッと感が残ったから。で、このモヤ感を解釈するのに時間がかかった。まだ考えてる。

けど、一つ分かること。

私って、捻くれてて、擦れてんなぁ(苦笑)。純粋に感動できないなんてw  

 

そもそも、そうだった。私が好きなアニメは、エヴァだし、AKIRAだし、シュタゲだし、東のエデンとか巨人(アニメの)。そしてジブリとかほとんど観ないし、アナ雪も結局観てない。

そう。

結論、偏りすぎている。仕方ない。

 

君の名は。」テーマ、ストーリーに共感出来なかった。キャラクターには共感出来ても、本ちゃんのストーリーとテーマについては、私の捻くれた感覚では微妙に触れ合えず。キャラクターデザインはあの花。の方なんだと後で知って納得。

一般的にアニメ映画の場合、集中して観られるのは100分と言われているらしい。「君の名は。」はそれをオーバーしているらしいけど、私としては、三葉が髪を切ったくだりをもう少し知りたかったなって思ったり、ここをもう少し、なんてやってたら終わらなくなっちゃうか。

エンディングなんだよな、きっと。私は結局、最後が受け入れられず、モヤッとしたけど、でもあーしたからこそヒットに繋がったんだなと思うから(もちろんそれだけではない)私がマイナー、黙る。。。