読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

モチベーション

仕事

先日、8年近くお付き合いのあるクライアントの担当者が変わった。これまでにも担当は何回も変わって来たから、それ自体はびっくりしなかったのだけど、やって来た人が強烈で、しかも私が苦手とするタイプだったもんだから、さぁ大変。

正直、続けていく自信ない。。。

でもクライアントから切られない限り、自分からは辞めたいなんて言えないから、とりあえず様子見してた。

あれから2ヶ月が経った。やっぱり合わないものは合わないもので。第一印象はアテにならないとは言われるが、今回に限って言えば私の第一印象は間違ってなかったみたい。こりゃどうやっていくよ? 自分、って、ここんとこずっと自問自答を繰り返した。

仕事柄、クライアントの担当者はほとんどが女性で、これは女子高、女子大出身の私にとったら最も得意とするところ。仕事は女性とするに限る、が持論だったりするくらい、いろんなタイプの女性がいるけど、うまくやっていく自信はあった。

がしかし。いたんだよ、苦手なタイプの女性が。もちろん最終的には個人に紐付くもので容易なパターン化は偏見の何ものでもない、と自覚をした上で敢えて言うと。

バブル期を知り、あの時代を懐かしがり、今でもその高いテンションで仕事をする人。そして、なんで(世の中)こんなんになったのかしら? って平気で、バブルの負の遺産を勝手に背負わされた私たちに言うタイプの人。

ほんとに、めんどくさい。

バブル期のパーティがいかに豪華だったか、とか、ゴルフコンペの賞品がどんなに素晴らしかったか、給料がどんだけ良かったか、海外出張し放題だったとか、タクシー券使い放題だった、とか。。。

バブルを否定はしないけど、あの時のクライアント至上主義でブランドを振りかざす人、ほんとに苦手。モチベーションがダダ下がり。

そう考えると、別のプロジェクトでガッツリ組むことにした方の取り組みに私は力を入れていきたいな。

限られた時間と力、どこでどう使うか、考えないとなぁ、って。 

そんな時期らしい。年内には諸々整理するぞ、私。