読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

チョコとコーヒー

コーヒー / カフェ 食べ物 / 料理
今朝はあんまりお腹が空かなかったのでマンデリンのコーヒーとチョコ3粒で済ませることにしました。チョコレートは、20年以上の付き合いがある親友K子から先日もらったもの。
f:id:tr_kana:20160605103836j:image
ショコラティエ パレ ド オールの銀座限定オリジナルのGINZA MARL CHOCOLAT

パッケージの色、形、質感どれをとっても「ブランド」のこだわりが詰まっていて、こういう細かいところまで目が行き届いている商品は食べる前からワクワク。

商品リーフレットによると。
銀座ミツバチプロジェクトによる、銀座で採取したはちみつを使った松屋銀座店限定オリジナルショコラです。
銀座ミツバチプロジェクトは良く知っていたので、こんな形で再会できるとはって感じでした。
食べる前の印象は、チョコ×ハチミツ=甘い×甘いの掛け算で、どんなに甘くなるんだろ?? って感じでしたが、実際は全然そんなことなく(当たり前)、採取されたハチミツに合わせコーティングをビター、ミルクと分けられていたので、どれも甘さは中の上くらいで収まっていました。バランスよね。結局。何よりチョコの命(と私は思ってる)である溶け始めの滑らかさが秀逸で。うー消えないでーって感じでした(*´◡`*)

美味しいなぁ♡ってニマニマしながらリーフレットをさらに読みます。
チョコ好きだけど最近のトレンドにはめっぽう疎くなっていたので、お店についても。リーフレットから抜粋すると。
ショコラティエ パレ ド オール 三枝俊介による最先端の取り組み
ショコラティエによる日本初の本格Bean to Bar
年間10t以上の規模でカカオ豆から自家製チョコレートを作る例は世界でもめずらしく、日本では初。カカオの選別・焙煎を経て世界10カ国以上の生産地のカカオからカカオ分70%以上のショコラ、50%以上のミルクショコラなどを清里高原の自社工房で作り、毎年そのクオリティは進化を続けています。
他に新しい食材との組み合わせとかに果敢に挑戦されているようで、それらも食べてみたいなって思いました。職人技が光る素敵なチョコレートでした。

日曜日の朝に小さな幸せ一つ。K子、ありがと。