読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

夢の場所

大切にしていること 仕事

言いたいことがあってもぐっと堪えて言わないような子だった。言っても仕方ないってどこかで諦めにも似た気持ちが根底にあった気がする。でもその前に。そもそも私は、本当の自分の気持ちってものを分かっていたのかも怪しい。ある時、「何をするべきか」は分かるのに、「何をしたいのか」「何をしたくないのか」がさっぱり分からないという混迷のトンネルに陥ったこともあった。

で、今。金曜日、今の仕事仲間の前では(たぶん)初めてキレた。私の場合の「キレる」は、声のトーンが下がり、口数が減り、笑わなくなる。沈黙が続く感じ。相づちすら打たない。周りから言わせると、相当怖いらしい。もちろん年がら年中、切れたりはしない。先週の木曜日、ほんとにムリかもって思ったし、このまま行ったら私、倒れる、心死んでしまったと思ったのは事実。彼のことを支えたい気持ちは変わらずあるのに、周りの仲間の意識が低いから(低く私には見えちゃったから)1人で頑張らなくちゃいけなくなって辛い。なんで?! って。

今は自分の「気持ち」「心」が面倒なくらいに分かる。分かり過ぎて、すぐに口をついて出てしまい、もう少し内に溜めないとなとは少し反省するけど、結局は治らない。不快だなと思ったらすぐに解決したい。もしくは何が原因なのか知りたい。不快の原因が分からずモヤモヤするのが一番イヤ。だって放っておいて治るものなら良いけど、大抵そういうモヤモヤは消えるどころか、強さを増していくものだって知っているから。

今日は朝から東雲へ。JRとりんかい線を乗り継いで東雲へ。午前と午後の部があり、私は午前から参加した。いろいろ課題が多くて、頭を悩ます。けど目の前の子供たちの笑顔を見ていると心が和む。午前が終わり、スタッフで近くのコンビ二に行き、お弁当買ってお昼ご飯食べて、午後に備える。午後のプログラムが始まり、少し落ち着いた頃だった。ふらっと会場を出た私の目に飛び込んで来たのは、横断歩道の向こうに、いるはずのない、いや来なくても良いはずの彼だった。

?!

なんで??

正直なところ、嬉しかった。素直に嬉しかった。心強かった。1人で頑張らなくちゃって、なんとかしなくちゃって思っていたから、なんていうか、来てくれたって思ったら、全て解決したくらいに(実際は何も解決していない)気持ちが緩んだし、泣きたくなるくらい嬉しかった。

プログラムが終わり、帰りの電車の中。私のモチベーションを上げるためにって夢の場所に連れて行ってくれた。「行く? 見てく?」って聞かれて、「行く」って答えていた。私にとったら「夢の場所」ではないんだけど、まぁ、彼にとっては夢の場所。途中下車をしてその会場に行った。目の前に広がる美しい人工芝と恵まれた環境。すごい場所に行こうとしてるんだね。あなたは。誰もがみられる夢じゃない。妄想じゃない。望みじゃない。たとえ夢はみられても、叶えられる人なんていない。やっぱりすごいな。まだ芽吹く前の桜の木がたくさんある公園には子供たちが夢中になって遊んでいた。手入れの届いた庭園が屋上にあって、そこの上から眺めたら、それはそれは美しかった。春になって桜が咲いたらまた来よう。

f:id:tr_kana:20170312194206j:image

気づいたら、何も言わずに、運河の水面をぼーっと眺めていた。幸せだった。仕事するのがバカらしくなるくらい穏やかだった。

その後、駅に向かいながら「コーヒーでも飲んで行こう」って言われたから、そこでも「うん」って頷き、近くのカフェへ入った。私のことを心配して、気遣って、しっかり向き合おうとしてくれているのが痛いくらいに分かる。だから、私もしっかり向き合おうって心に決めた。約2時間。うまく伝えられない、言葉に出来ないところもあったけど、今の私の抱えている不満、不安、違和感を伝えた。考えてくれて、そうして、そう、っていう原因にたどり着いた。そこ。認めるのイヤかもだけど、そこだよ、っていう原因に。そうなったら話は早い。私がすべきことはこう、彼がすべきはこう、ってスルスルと簡単に解けていった。最終的に、私は彼の夢を叶えたいだけで、彼の妄想を実現したいだけで、それが出来れば、究極なんでも、どうでも良い。私の欲なんてどうでも良くて、自分が有名になりたいとか、存在感を増したいとか、そういう感覚が不思議なくらいにない。本当にない。なのに、ごめんなさいなのは、私は心のどこかで常に「いつでも辞められる」「いつでも逃げられる」という切り札を持っていること。

「私ばっかり言っていても不公平じゃない? 何か私に言いたいことない? 言っておいて?」って言ったら、「いや、言ってるよ。いつも。でも、そうだな、一つだけ。お願い、辞めないで」って目をしっかり見て言われた。その瞬間、お腹の底からわき上がったのは、自分の非情さと「ごめんなさい」という言葉だった。しっかり向き合ってくれて、解決しようとしてくれて、面倒くさいなじゃなくて、どうしたら良い? 何が出来る? って聞いてくれて、言ったら、それをやってくれて。それなのに、私は簡単に(簡単ではないけど)「辞める」って言葉を使ってしまう。まるで脅しじゃん。私、脅しながら働きたいわけじゃないし、そういう関係はイヤ。対等に働きたい。変に気遣われるのも居心地悪い。「仲間」って多分そういうことを言うんだろうって思う。今まで私が築いて来られなかった関係が今の私になら出来る。そう、ここでなら。

ことば

細美さん 大切にしていること

細美さんのネパール一人旅の日記を改めてじっくり読み直す夜。ワイン飲んでたら、急に読み返したくなったんだ。彼の文章を読めば読むほど、そしてBGMにかけた"Waiting fo the Sun"を聴けば聴くほど、細美武士という人間がいつもより身近に感じて、そしてこれまでになく遠くに感じるという不思議な感覚に陥った。

細美さんを知れた自分の幸運さにつくづく感謝をしながら、細美さんの紡ぐ言葉が私は大好きで仕方ないんだなと思ったりしてる。歌詞も、歌声も、こういう日記みたいな日常の言葉も。語尾が統一されていないところとか、一回保存してもう一度時間が経ってから書いたんだろうな、とか分かっちゃうところとか、その辺を揃えることもせず、もしかしたら気にすることもなくアップしちゃうところとか。要するに飾らない彼のスタンスが好き。ぶれない芯のある姿勢が気持ち良い。さらに、世界に向ける眼差し、さらにはファンに向けるいつもの優しく温かい眼差しが心地よい。間違いなく、私の心のど真ん中を刺す言葉。だからこの人、好きなんだってばさ。歌声も大好きだけど、彼自身の生き方、考え方はなかなか共感は出来ないけど、やっぱり大好き。

私も心の奥底にある想いや気持ちを言葉にのせて書き続けていきたいなと思わせてくれる。

www.takeshihosomi.com

www.takeshihosomi.com

www.takeshihosomi.com

www.takeshihosomi.com

今週の作り置き

食べ物 / 料理

スーパーに並ぶお野菜が冬から春へと少しずつ変わりゆくのが楽しい今日この頃。今日は、春野菜を多めに。大好きなひよこ豆も煮れてハッピー。

f:id:tr_kana:20170311170812j:plain

  • ほうれん草ともやしのナムル
  • 煮ただけ ひよこ豆
  • ガパオ
  • プチトマト
  • かき菜塩麹炒め
  • 新ジャガと新タマネギの粒マスタード炒め
  • 菜の花のお浸し
  • 白たきの炒め煮(和風)
  • 長ネギのコンソメ浸し

 

スーパーでかき菜を見つけると、かなりの割合で買っている。春は、菜の花 or かき菜、私にとって春の野菜。春の始まりを教えてくれる野菜なのだけど、あんまり一般的じゃないんだよな。かき菜って何? って良く大学の友だちに言われたなぁ。みそ汁かもしくは炒め物に良く入っていた。今日はごま油で油揚げとともに炒めて、最後、塩麹で味付けのみのシンプルな一品に。

f:id:tr_kana:20170311171524j:plain

 

★先週の作り置き 

tr-kana2.hatenablog.jp

YOGA本

大切にしていること

YOGAPEDIA、なんとまぁ良いネーミング。さらには「体幹・筋肉・心に効く」と来たら買わない理由がない。

f:id:tr_kana:20170310195010j:plain

YOGAを始めてまる4年。まだまだ出来なかったり不安定だったりするポーズも多いけど、ようやくしっくり身体と呼吸がハマる瞬間も分かって来たりして、汗をたくさんかきながらも、呼吸が深く、伸びるのを実感できると、良い感じに出来ているな、って思うようにしている。

やればやるほど、なぜ出来ないのかが不思議になり、そうすると自然と筋肉や骨を知りたくなる。私の場合はお尻の筋肉が硬すぎるがために開脚が中途半端で、なかなか開脚前屈が出来ないとか、太ももの裏が硬いとか、さらには足首がびっくりするほど硬いとか、一つのコリが他に繋がっていて、互いに悪影響を与え、不調の原因を作っているとか。一人の人間で全て繋がっているから当たり前だけども、これって多分、20代半ばに漢方に出逢い、悩みの種だった吹き出物を治した経験が影響しているな気がする。西洋の医学ではなく、東洋の医学、漢方に出逢えて、その考え方をじっくり学んだのも、きっと私が今、ヨガにハマる原因の一つだと思っている。東洋的な考え方が私には向いている。

f:id:tr_kana:20170310200156j:plain

こうやって図解してくれると、意識が向けられるし、イメージが出来る。意識できる、イメージ出来る、って本当に大切だと最近特に感じる。

ヨガを毎日の生活に。瞑想を毎日の生活に。なかなか出来ないけども、いつかは取り入れ、習慣にしたいな。

カレンダー届いた

ジャニ

カレンダーが届いた!わーいわーい。

f:id:tr_kana:20170309111046j:plain

何年目かしらね。こうしてカレンダーとして使用しないカレンダーをゲットするのは。

オープン。カードの束。ドキドキ。スノだけ抜き出してみて並べて、唖然。あか抜けている。スノが皆、あか抜けている。。。いつの間にか皆、こんなにイケメン&可愛くなっているのだ。。。私の知らない間に(T T)かっこいい。

f:id:tr_kana:20170309111252j:plain

舘様はもちろんなんだけど、岩本さんのこのビジュアル超好きなんですけども。何でかな、岩本くんが幸せなら皆幸せだよ、の気分になるのは。うん。

はぁ「しんどいかっこいい」の域に来た。

おまるちゃん

ジャニ

先日、大阪出張の帰り、空港でコレを見つけ、

f:id:tr_kana:20170308162311j:image

立ち尽くす私。で、思わず「おまるちゃん」って呟いてしまうくらいに私の中では滝沢歌舞伎も近づいてきてる。けどその前に、祭りがある。Jr.コンなんて、私からしたら未知の世界だから!

去年と違って仕事が超忙しいからなかなか浸れないし、作戦も練れないんだけど、でも気持ちは既に舘様に向かってる。早く会いたい(観たい)なぁ。

三月大歌舞伎 昼の部、観劇

歌舞伎 / 伝統芸能

十世坂東三津五郎三回忌追善で巳之助さんが「どんつく」を演じる。この文章だけで観劇するのに十二分な動機になった。居ても立ってもいられず、幕間に仕事の電話とメール覚悟で、本日、昼の部観劇。

巳之助さん、改めて「好き」を確認。まず何より声が好き。作った声が好き! 立ち振る舞いが好き。ぎょろっとした目の表現が好き。剽軽も怖いも真面目も明るいも。くるくると表情が変わり、世界がそれにあわせて変わる、彼のまとう空気感が好き。こういう感じで好きになったことないから、正直ちょっと戸惑っているけど、要するに好き。

f:id:tr_kana:20170307174437j:plain

一.名君行状記

二.義経千本桜 渡海屋 大物浦

三.神楽歌雲井曲鞠 どんつく

の3つの演目。当初の目的は最後の「どんつく」だったけど、その前が、義経千本桜の碇知盛、、、これ泣くやつ、、、去年6月の大歌舞伎で初めて観て、未だに心のどこかに芯みたく残ってる演目。最後のシーン、碇と縄を身体に縛り付けて海に身を投げる知盛が。

で、終ってみて、1つ目の「名君行状記」がもの凄く好きという結論。悲劇も良いのだけど、私、人情ものみたいなものに弱い(らしい)。名君・光政に憧れた。こういう人になりたいし、こういう人が上について欲しい、と思った。ユーモアと懐の大きさと温かさ。人間として憧れる。光政みたくなりたい、っておかしいかもだけど、でも今の私には響いたなぁ。人情と法律。法の裁きと温情。朱子学(?)と陽明学とか、不勉強で分からなかったけど、とても気になった。

どんつくの巳之助さんは、私は実際にお父様の演技を観たことないから分からないけど、帰りのエスカレーターに乗っていたら後ろに立たれたおばさまたちが「あんまりこれまで良いと思わなかったけど、最後のは良かったわねぇ。そんなに似てるって思ったことなかったけど、立ち姿とか、踊ると似てたわねぇ。懐かしくなっちゃったわ」っておっしゃっていたから、お父様追善という意味でも大役をしっかり果たされていたんだろうって思った。田舎者のちょっとどんくさい感じとか、巳之助さんの手にかかればお茶の子さいさいじゃない? ってくらい似合っていたな。華やかな舞台にずらっと豪華な役者さんが座られ、その真ん中に巳之助さん。

歌舞伎座のど真ん中に巳之助さん。。。この人凄いし、これからもっともっと凄くなる、よね。

www.kabuki-bito.jp

ビールいろいろ

日常

f:id:tr_kana:20170306163409j:plain

もっぱら赤ワイン派だけど、スーパーに行っても、コンビニに行ってもユニークなビールがいっぱい置いてあって、そんなに好きじゃないのに思わず買ってしまう今日この頃。デザインも可愛いし、目をひくし。ちょっと高いけど。いろいろ揃えてしまう。

レモンビールとか美味しそう!

今週の作り置き

今週は週末に予定があったので金曜日の夜に作り置き。

f:id:tr_kana:20170304215945j:plain

30分強で完成。仕事でいっぱいいっぱいの時こそお料理、大事!

 

  • トマトとモッツアレラチーズ
  • カブとバジルのオリーブ漬け
  • 菜の花のお浸し
  • 白たきの炒め煮(和風)
  • ガパオ
  • カブと新玉ネギのコンソメ煮
  • 茹で野菜(ブロッコリー

 + 以下は写真なしだけど。

  • ほうれん草のナムル
  • ジャガイモと豚肉の粒マスタード炒め

 

★先週の作り置き

tr-kana2.hatenablog.jp

ホットワイン用 2回目

食べ物 / 料理

真冬のど真ん中と比べると、さほどホットワインを欲さなくなって来た気がする今日この頃。早く春が来ないかなぁ。で、さほど欲さないと言いながら、また作ってしまった、こやつ↓

f:id:tr_kana:20170304113305j:plain

前回の反省はもう少し小さくレモンもリンゴもカットすれば良かったなというものだったので、今回は少し小さめにカットした。これ、半分くらに減る頃にはリンゴもしっとりして、甘みが増して、美味しい♪ 赤ワインと本当に合う。

 

tr-kana2.hatenablog.jp