peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

至福の味

広島で食べた牡蠣が忘れられない。

あれから毎晩、昨日の台風による気象病で頭重くても、毎晩毎晩、アル中かな? と心配するほど赤ワインを飲んでる。気持ちほわほわして、気づいたら寝てて、目が覚めたら朝、という日々を送ってる(ダメ人間)。

 

ワインのお供はもっぱら

・チーズ(kiri)&ゆず胡椒

・チーズ(kiri)&実山椒

・キュウリとみょうがの麹漬け

だったのだけど、広島遠征後に、なんと! 素敵な

・牡蠣のオイル漬け

が加わった。おつまみグレードアップ!

最初は、広島レモンに漬けられた牡蠣を食べて、あっという間になくなり、そしてついに今日、こやつに手をつけることに。

倉崎海産の「花瑠&花星(オイル&オイスター)」。

f:id:tr_kana:20171023215128j:plain

お取り寄せアイテムとして超有名なこやつ。空港で見かけて、知ってる! 見たことある! ってなって、紹介文を読んで、、、ちょっと値段はったけど、ここで会ったが運命! ってことで購入した。

 

じゃーーーん。開けたら最後すぐに終ってしまうの分かっていたから我慢をしていたのだけど、本日、開封。

 

牡蠣って美味しい。

牡蠣って幸せ。

こんなに味わい深い食べ物がこの世にあるのだろうか。

スモーキーで、なめらかで、濃厚で。

ちょっと冗談やめてよ... ってくらいに美味しい。

今晩は4粒(個)いただいて蓋を閉じた。水切りをしたお豆腐と一緒にいただいた。

至福の時だった。至福の味だった。

ワインが進む。ワインがなくなる。

秋の夜長。

 

〆は素麺で。パスタをちょうど切らしていたので、パスタの代わりに素麺を。にんにくとネギを炒めたところに、素麺とオイル漬け牡蠣を!! 美味いにきまってる味。味付けはシンプルに塩こしょうとお醤油ちょっと。 

f:id:tr_kana:20171023222602j:plain

お店のメニューにあったら絶対頼むやつ。

最近、ご飯というよりも、つまみばっかり作ってるな、私。

 

倉崎海産

舘様ブログ(*`ё´)

台風一過。月曜日な今日は6週間ぶり自担さまのブログ更新日! 18時前から待機し、いつものようにリロード、リロード。なかなか更新されず、リロード、リロード。

18:03に更新〜。

いつもよりさっぱりめだったけど(当社比)今日も今日とて素敵。

優しい。

大阪で待ってるね、なんて言われちゃったもんだから、11、12日以外にも行きたくなってしまったよね。どうしよう。すぐに今すぐにでも会いたい。

つかの間のお休みだと思うけど、充電しっかりして、松竹に向けて走り抜けて欲しいな。健康が1番! その通り!

 

文章だけ読んでいると、広島オーラスで自己紹介「夢の中で」のところで2階席から聞こえて来た笑い声の主に向かって怒っていた人と同一人物には思えんw どっちも舘様。振り幅、最高。

広島では可愛い、可愛い、連呼してしまったけど、東京戻ってきて、落ち着いて来ると、私は、可愛いより、かっこいいが好きだわーーーーってしみじみ(深い意味はない)。

 

生まれて初めての気象病

昨日の夜から身体に違和感があって、あれ? 風邪でもひいたかな? って思って、葛根湯を飲んで早めに寝ることに。思えば数日前から、珍しく寝付きが悪かったりして、あれ? 調子悪いかな、私、とは思っていたのだけど、朝起きて、ありゃーーーこれは何だ? ってくらいに調子悪い。

ただ、気分的に沈むとか風邪とかではなく

  • 頭がずっしり重い
  • 関節がところどころ痛い
  • 腕やふくらはぎに張りがあり、鈍痛あり

明らかにおかしい。頭痛持ちでもないのに、何で後頭部が重いの?? で、ふと思い出した、台風とか雨とか降ると調子が悪くなることがあるということを。

調べてみたら「気象病」と言うことを知る。この年にして初めて知った「気象病」。今まで発症しなかったのが不思議なくらい、いやしていたのかもしれないけども鈍感で気づかなかっただけかもだけど。

style.nikkei.com

気圧の関係が大きいとか。まさしく。今朝からの私、ずっと上から重いもので押さえつけられるみたいで、重苦しい。深呼吸して酸素とりいれて、自律神経の乱れを戻すために、オイルマッサージしたりして、やり過ごすけど、いや、今回のこの台風すごいのね? だって全然良くならない。

これ毎回こうなる人、辛いね。今回この辛さを知った。寝ようにも眠りが浅くなってしまって全然寝れない。

昼過ぎにお風呂入ったり、ワイン飲んだりして、、、自暴自棄w 自律神経乱してみたw たまには良いかな。さて、まだ台風はまだ来ていない。これからだよ。。。(現在14:50)

スーパー歌舞伎II ワンピース 右近さんルフィ

今年、2回目のワンピース観劇。そして今のところこれでラストの予定。今日は初観劇の母と一緒に。2階席のセンターでとても見やすく、今まで観えなかったいろんなものが観られて、さらに世界に浸れ、理解を深められた(と思う)。

まさかの猿之助さんの事故(怪我)により、尾上右近さんのエウフィ/ハンコック役となり、初めての観劇となったわけだけど、評判通り、これはこれで「ワンピース」の世界だと思えるとても良い舞台だった。

特にハンコック役は猿之助さんよりも女性らしくて、キャラクター的にはマッチしていた。ルフィに関しては、若さに満ちた新しいキャラクターといった感じで、正直、猿之助さんの落ち着いた、どっしり構え、安心して観ていられるルフィとは全く違うキャラクターだったように感じた。

声にしても、立ち振る舞いにしても、歩き方一つとっても違うキャラだった。

ここで思い出したのはEndless SHOCKのコウイチの敵役。光一さんが何かのインタビューで、キャラクター的にはヤラよりも、ウチの方が適している、と言っていた意味を改めて反芻した。

ルフィのどの側面に光をあてるか。主人公として物語の中心として、軸として、しっかり回していく機能的な面を重視するならば、猿之助さんのルフィの方が適している。

けども、等身大のルフィとして、何か危なっかしい、けれど皆に愛される魅力溢れるキャラクターであることを訴求するのであれば、つまりストーリー重視であれば、右近さんのルフィの方が適している。

声の出し方も猿之助さんとは違うし、時々うわずってしまって不安定なところや、ふわふわ軽く若々しい歩き方(意図的になだろうけど)や、二人は同じキャラクターであって違うとして出来上がっていた。

ダブルキャストで2年前に観たDREAM BOYS。ユウタとユウマ。同じストーリーで同じ台詞、なのに全然異なる印象、という経験を今回改めてさせて頂いた。

で、ストーリー重視派な私としては右近さんのルフィ/ハンコックはアリだった。危なっかしい感じも落ち着かない感じも大丈夫??って心配しちゃう感じも。隙があって空白がいっぱいある感じも。

とりあえずハンコックの美しさは右近さんの方が断然。。。

これも観られて良かった、と思った。猿之助さんが右近さんに託した思いを改めて感じられたし、歌舞伎の世界の奥深さ、良い意味でのしたたかさも感じた。

 

こうやって新しい時代が作られる。

新陳代謝は繰り返される。

伝統を「そのまま」繰り返すことも大切。

けど、その伝統を超えて新しいものに挑戦していくことも大切。

歌舞伎の世界は、その挑戦をすることで現代も続いている「伝統芸能」なのだと、引き継いでいく芸能なのだと、個人ではなく、時代で繋いでいくものなのだということを実感した。

この懐の深さが歌舞伎を歌舞伎ならしめている理由の一つであり、そして何もかも受け入れてしまう日本らしさなのだと思った。歌舞伎は日本の芸能、そして日本の文化、歴史。そうなり得た本質を垣間みられた気がした。

人として、こうして新しいことも柔軟に取り入れながら、でも絶対に守らなければいけないものを死守して、前に歩み続けて行きたい、行けるんだと思った。

自分の生き方は歌舞伎にならうところがあるな、と。

新しい要素を取り入れる柔軟さ。古いものを守り続ける強さ。

私の目指す生き方だわ。

 

で、まぁとは言っても、私が観ていたのは巳之助さんなんだけど!!! 本日も、ボンちゃんが可愛くて可愛くて>< ぬいぐるみを買いたいと思うほど。巳之助さん演じるボンちゃんのキャラが2年経ってもやっぱり一番大好き!!と思った。スクアードの苦悩に満ちた歩みももちろん心打たれるのだけど、でも、オカマ道まっしぐら、優しいボンちゃんの言動が今の私には一番染み入る。

前回買えなかったパンフを。台風来ていて雨だったから一瞬躊躇したけども、買って良かった。巳之助さんを知って、大好きになったキッカケを作ってくれたボンちゃん。

f:id:tr_kana:20171021184813j:plain

大好きだよ、ボンちゃん。

 

終演後、払い戻し対応してきた。終ってすぐにチケット売り場に向かったので待たずに払い戻し完了したけど、終る頃には長蛇の列だったので、終演後すぐに向かわれることオススメする。

f:id:tr_kana:20171021184856j:plain

宮ちゃん可愛い

広島遠征。食べ物ばかり、肝心の自担さまについては置き去り? んなわけなく。どう書いて良いもんか、なんなんだよ?! って少しばかり混乱もしていたため数日気持ちが落ち着くのを待ってみた。

結論、気持ちが落ち着くなんてことはなかった。

 

今も頭の中をよぎるのは、

自担が可愛かった!! 

だし、やっぱり

自担が可愛かった。

そう思ってすぐに自分に聞く。

なんで!? え? 自担が?

特に何がって、どこがって、顔。

顔が可愛い、顔可愛い、顔可愛い。

10月17日、夜公演、私はずっと顔が可愛い、顔が可愛い、って反芻した。そのくらい、顔が可愛かった。

 

私はずっとカッコいい舘様が好きで、イケメンな舘様が好きで、ドSでも何でもとにかく強い舘様が好きだった(いや、今も好き)。ポンコツとかすっとこエピソードはムシ。そのくらいにとにかく私はカッコいい舘様一択派だったわけで。「可愛い」と「舘様」が結びつくことはあまりなかった。「可愛い」はどちらかと言うと「宮ちゃん」にかかる修飾語だと思うから、今回の旅はきっと舘様を観に行ったけど、可愛い宮ちゃんにヤラレて来たということにしてみる。違う人を観に行ったみたいなんだもの。

カッコいい舘様ではなく、可愛い宮ちゃんはそれはそれは大層可愛くて、びっくりするくらい可愛かった。

心の底から「宮ちゃん可愛い。。。」そう思った。

黒髪ストレート、耳も出ちゃうくらい短めな髪型が幼く(もしくは年相応)に見せているのかもしれない。前髪越しに覗く瞳は、いつもはカッコいい!!! なのに、おかしいな、可愛いな。同じものを見ているはずなのにおかしいな。

夏のオラオラ金髪舘様から始まり、初秋はずっとイケメン舘様だったのに、秋の真ん中で何と可愛い宮ちゃんが出て来た! って感じで。

キャラはまぁ置いておいても、色々と見た目を試しているのはすごく分かっていて、その一つが髪型、髪色だったり、ダイエットだったり。プライド捨ててガムシャラになってやってみてる感。すの日常でかつて語っていたこと。

 

可愛いは究極、って知ってる。可愛いは全てを許してしまう魔法の言葉。

宮ちゃん可愛い。こんなに可愛かったのか。その魅力にまだ気づけていなかった、そして気づいてしまった広島遠征。記念すべき遠征になった。

 

宮ちゃん、可愛い!! 舘様、カッコいい!!

*注意:同一人物

淡雪花

すの担ほいほい。

とりあえず「雪」と入ったものには興味を持つよねってことで「淡雪花」というとても美しい名前のついた広島の老舗のもみじまんじゅう屋さんのお菓子。

f:id:tr_kana:20171020083634j:plain

とりあえず写真を撮りたくなるし、どうせ撮るなら何となく演出してみたい、となる。パッケージからして最高。

f:id:tr_kana:20171020083715j:plain

オープン。開けても最高。色では白が好きな私(どうでも良い)箱は何かに使えそう。

f:id:tr_kana:20171020083742j:plain

ぴったりではないか。

f:id:tr_kana:20171020083753j:plain

で、肝心の味。全く想像つかないし、店頭でマカロンみたいな感じですか? って聞いたらマカロンではなくマシュマロのような、、、って説明をされたのだけど、見た目的にどうみてもマカロン、って気持ちが拭えなかった。けど持ったら、意外や意外。ふわふわしてるし、なんだこのお菓子? 

さっそく一口。おもしろーーーーい! 食感。間にはさまっているレモン風味のペーストがこれまで爽やかで美味しい。

食感も味もユニーク。和菓子でこんな感じのもの知らないし、これお土産とかにもらったら嬉しいかも。

(と言う私はお土産には買って来ず、自分用)

 

お店のHP

www.fujiiya.co.jp

牡蠣の美味しいお店 in 広島

こちらも広島ネタ。忘れないように。残しておく。17日の夜にハシゴした2軒。 

1)海平商店

umihei.com

ライブ終わりに電話して予約(予約して正解だった)。電話ではカウンターしかないと言われたけど、時間に伺ったらテーブル席を用意してくださっていて色々とサービスも良く、大満足。ちなみにお隣の席の3人組もLIVE終わりの方々だったようで、メンバーの名前が出るたびに聞き耳たててしまって、ごめんなさい(多分、お互いさまw)。

注文したのは

○ミルキー鉄男のがんがん焼き(1kg)

f:id:tr_kana:20171017212830j:plain

このままでも美味しいけどカキ醤油かけたら別物? くらい美味しくなった

○カキ味噌鍋(味噌バター風味)

f:id:tr_kana:20171017212852j:plain

これ家でも作りたいくらいスープ美味しかった。味噌&バター最強

○カキフライ

f:id:tr_kana:20171019191150j:plain

このソースも上美味い

○カキ飯(炊き込み御飯を想像したけど、違った)

f:id:tr_kana:20171017235505j:plain

炊き込み御飯を想像していたけど、違った。これ家でやる

 

これにお酒で。カキ以外のお料理を頼まず、ひたすらカキ尽くし。幸せ!

そしてびっくりはお会計時。1人2000円ちょっと。え??? コスパ良すぎない? 評価高いの分かるお店だった。

 

その後、生ガキを食べたいよね。。。ってことでハシゴ。つきあってくれたカキ好きスノ担なお友達に感謝。

 

2)オイスターバー MABUI 並木

r.gnavi.co.jp

f:id:tr_kana:20171017235627j:plain

乾杯♥️

f:id:tr_kana:20171017235618j:plain

3種類の生ガキ

今回、広島では生ガキが食べられなかった(11月4日〜)せいもあるけども、生ガキの美味しさは想像以上。生ガキたらふく食べたい><

 

カキが食べたかったら広島だな、を痛感した。そして帰って来てからもずっと牡蠣を欲している私の身体。牡蠣中毒。

広島のお土産

絶対買い過ぎ、広島のお土産をひろげたらこんなになった! しかも、大切なことは、これ全部、自分用、つまりお土産という名の単なる広島で買い物。

f:id:tr_kana:20171019185219j:plain

牡蠣とレモン、そしてコーヒー豆(伊都岐珈琲と宮島珈琲)。広島がこんなにレモンがいっぱいだなんて知らなかった! でも、みて分かる通り、重いのよ、とっても。瓶が多くて重い。

中でもレモスコ。これ絶対、私、好きなやつ。

f:id:tr_kana:20171019185452j:plain

ヤマトフーズオンラインショップレモスコとは,広島レモンスパイス「レモスコ」をはじめ、青空レストランで紹介された「宮島ムール貝」の缶詰を販売。

今日は1日外出で外は寒いし雨も降っているしで気分落ち込みがちだったけども、広島遠征楽しかったな〜って思いながら1日過ごした。

あぁ牡蠣食べたい。。。(禁断症状)

やりたかったことが出来た

f:id:tr_kana:20171018223155j:image

どうしてもやりたかったこと、夢って言っても良いくらい長いこと思い描いていたことがまさか広島で、しかも厳島神社に繋がる砂浜で実現した。いつものゆり組さん友らが一緒に叶えてくれた。

ずっとずっと。2014年頃から、砂浜にSnow Manの名前を書きたかった。やっと叶った。

3年半越し。

f:id:tr_kana:20171018223701j:image

雪だるまバージョンも。可愛い。

f:id:tr_kana:20171018223753j:image

1日だってもたない砂の文字。メッセージ。だから愛おしいんだろな。

ありがとう。一緒にやってくれた友らにも感謝。

 

1人で遠征したことあった。2年前の北海道。今思えば、何もしなかった。千歳空港とホテルと札幌ドームを移動しただけ。

あれに比べたら全然別ものだな、今回の旅は。LIVEが楽しかったのはもちろんだけど、食べ物が充実していた! 食べ物大切。特にワンシーズン分くらい食べた牡蠣。私、自分が普通の人よりかなり牡蠣が好きだとは知っていたつもりだけど、今回、考え改めたわ。私、牡蠣めちゃ好き。大好物じゃん。そこまで? でくらいだった。

幸せな思い出とともに帰宅。次、舘様に会えるのはちょっと先になるけれど、私も頑張る。

in 広島

広島にて、広島焼きと牡蠣三昧。ライブは楽しかったし、舘様を「かわいぃー(>_<)」ってここまで思ったの初めてだし。最高の思い出ができた。

ランチは有名な広島焼きの八昌にて。11時開店ですでにいっぱい。

f:id:tr_kana:20171017235040j:image

f:id:tr_kana:20171017212819j:image

お腹いっぱい! ここで、まさかの松山に緊急着陸事件。開演時間遅れるの巻。色々あるな。

原爆ドームを見学し、公園ぶらぶら。緑がいっぱいで今はこんなに平和なのに。

f:id:tr_kana:20171017235231j:image

 f:id:tr_kana:20171017235249j:image

そしてコンサート昼と夜公演。控えめに言っても最高。舘様は髪型のせいもあるかもしれないけど、とにかく可愛いくて、可愛いくて。しんどい。

f:id:tr_kana:20171017235115j:image

夜は牡蠣三昧で、まずはガンガン焼きや牡蠣ご飯、牡蠣フライに牡蠣の味噌なべ。とにかく美味しすぎて意味分かんない。

f:id:tr_kana:20171017234849j:image

f:id:tr_kana:20171017212830j:image

f:id:tr_kana:20171017235505j:image

f:id:tr_kana:20171017212852j:image

生牡蠣はなかったのでオイスターバーをはしご(^ω^)

 f:id:tr_kana:20171017235627j:image

f:id:tr_kana:20171017235618j:image