peace of mind

私も いつかそこに 辿りつく

執着

最近の投稿、恐ろしいほどにネガティブ(苦笑)。若干の鬱状態ではあるけど、考えてみれば

 

●心の支えで史上最大に好きだったグループ(&人)を失う

●自他共に認めるファザコン。その父が他界する

 

これが1月〜4月に起こったんだもの。仕方ない。そりゃ落ち込むさ。人生における最も恐怖なことが数ヶ月の間に起こったんだもの。寧ろ、私、良く生きてる!

 

1日の半分くらいは落ち込んでて、さらに最近トラブル続きで、めっためただし、さらに試練与えますか? って叫びたい気持ち。睡眠不足はずっと続いてるのは確か。とはいえ、気持ちは正直落ち着いて、諦めがついているのも本当のところ。もがいたりしても無駄だって分かってるつもり。

3月から起こっている他のものやことに変に執着することで逃げないようになれば、気持ちはうまく切り替わるはずなんだ。

これは、今だけの、すり替えにすぎない。

すり替えで束の間の救いを得るはずが、さらにそこでも悩み増強しちゃって(笑)今年はダメだな、私。

「執着」永遠の課題。

冷静に分析し、そこまで執着する理由があるか、なぜ執着するか、自分に問いかけ、自分で納得を試みようとしている。

誕生日

だったのだけど、何やってんだろ、私。。。

元々、さいたまスーパーアリーナに行くつもりなく、レポも読んでいないから、最早ないも同じ。

じゃだからって何をした?

ホットヨガ再開。数ヶ月ぶりにヨガへ。ここまでは良かった。

そして15時くらいから吉祥寺へ。なんだかなぁ、だった。

安売りするつもりなんかないのに、ここのところ、何もかもうまくいかない。

3月〜5月までの異例期間だと思いたい。そうであってくれ。

 

やっぱり、恋をした。辛い。

Love yourself

赤西くんの新譜からLove yourselfが刺さりまくって、ヘビロテ中。

自暴自棄になりつつある自分が危うく、このまま壊れてしまうのでは? という恐怖あり。さらに、こういう時に限って、トラブル多発。

なんか、今年、厄年かな? ってくらいには試練が重なる。

 

Real love doesn't have to end

Love again

Choose love again

First you gotta love yourself

千穐楽

結局今年の観劇回数は3回。南座よりも少ないなんてね。そんな新橋演舞場滝沢歌舞伎ZEROだった。

本日、千穐楽

舘様の勇姿を目に焼きつけた。

ほんとにどの瞬間もステキでかっこよかった。大好きな舘様だった。満足。

9人のSnow Manで前へ歩んで行ってください。

 

2回目となるジャニヲタ卒。

f:id:tr_kana:20190519172425j:image

拠り所がない

夜明け前4時頃に目が覚めて、ずっとそうなのだけど目が覚めると最初に沸き起こる感情は悲しさ、切なさ。コーヒー飲んでぼんやりと朝が明けるのを待った。眠くないから寝ないで良いや。掃除始めたり、作り置きの料理したり、メール確認したり。時間がゆっくり過ぎていく。BGMは最近買ったバリのヒーリングミュージック。

 

自分でも分かっていないけど、疲れているんだと思う。心底。

どうやったら癒せるのか。埋められるのか。見当もつかない。

 

今年は大切なものが失われていく年なんだなぁって。試練の年。修行の年。

本当に大切なものが、永遠にあると思ったものが。失われていく。

自分から手放した。逃げた。

私の中から消えてしまった。消してしまった。

 

Snow Manもそうだし。

父親もそうだし。

そして、4月に会った人も。

 

心の拠り所がない。

いつも何か失っても他で補完して何とかバランスを取って来た。

今回はそれがない。

次々と失われていくから。崩れていくから。

どこにも寄りかかるところがなくて。

 

でも本来はこうやって人は生きているのかもしれない。

何も頼らずに支えは自分自身。軸をしっかり持って、自分は自分として。

 

依存していたんだろうな。

依存している時は気づかないけど。

こうなってみて、依存できるものを一度に失って、何も依存できるものがなくなって。そうして気づく。

 

私は一人でちゃんと立てないのか、って。

この年になっても。

マイ初日

ようやく私にも初日がやって来た。滝沢歌舞伎ZERO新橋演舞場

本日27日夜公演、やっとマイ初日を迎えることが出来た。平成のうちに1回だけでも観ることが出来て良かった、んだと思う。

2014年から毎年20公演近く観劇して来た「滝沢歌舞伎」。他のどの舞台とも異なり、私の中では唯一無二のステージ。来年は一桁だけ観ることにしようって思うのに蓋をあけたら結局、、、、。それほど大好きな舞台だった。

今年は父親の葬儀にだだ被りし、さらに気持ち的に観劇する気分にならず、なかなか観劇できない状況だったけど、ようやく観ることが出来た。父が亡くなってちょうど20日目。

 

まるっと感想。

宮舘くんがステキで、宮舘くんが最高で、カッコ良くて、エロくて、最高。

以上。

 

そして改めて9人のSnow Manを観ての感想。

なんで9人にしたのか未だに理解できず。どうしても受け入れることが出来ず。途中からずっと悲しかったし、意味分からない。

 

2014年からの6人のSnow Manを思い出してしまい余計に辛かったな。

宮舘くんがカッコ良くてステキすぎるから余計に。

 

なんで、なんで9人なんだろうね?

なんで6人じゃないんだろうね?

私の大好きだったSnow Manはどこにもいなかったな。

 

私の中ではこの先も一生、なんで9人? という疑問は解けないと思った。歌舞伎だから余計に。ただ最後のキャスト紹介、トリは岩本くんで良かったけども。

 

大好きだった滝沢歌舞伎。あと2回観る予定だけども、気持ちがのらない、正直。5/3の結成日は毎年入っていたけど、全く気分がのらずお友達に譲ってしまった。。。これが現実、全て。

 

薄情だと思うけども仕方ない。

私は最早スノ担ではないのだから。を、改めて実感した。

夜の海から大桜へ

父が逝ってしまった。

 

覚悟はしていたけれど、そして頭では仕方ないと思おうとするのだけど、心はうらはらに壊れそうなくらい、悲しい。悲しみと寂しさでいっぱいで、この喪失感をどう埋めていけば良いのか、今は分からない。

 

「危ないかもしれない」と弟から電話をもらったのが3月31日。翌日の夜に帰省した時には既に会話も出来ず、高熱にうなされている父の姿だった。それから1回だけ東京に出て仕事をしたりもしたけど、その他の日はずっと実家にいて、父の側にいた。

約1週間後の夕方。私の目の前で、父の血流が止まり、呼吸が止まり、脈が止まった。それはびっくりするほど、穏やかで静かだった。1分前まで動いていたのに、止まった。完全に。

人の死を目の当たりにしたのは初めてだったし、親が亡くなるのも初めてだったし、父が自分の命をかけて、生きること、死ぬことを教えてくれたんだと思った。

 

亡くなるまでの約1週間。最後、病と闘う父の姿。すっとその瞬間が訪れ、その後の葬儀までの一連の流れ。桜の季節。満開の桜。

 

ずっと頭の中で「夜の海」が流れ、それが「大桜」になった。

この1週間ずっとずっと「夜の海」と「大桜」を聴いていた。

昨日、葬儀が全て終わり、今日約10日ぶりに帰京。東京の季節は桜から新緑へとすっかり変わっていた。緑の木々の下から見上げた青空。

 

私は永遠にファザコン。合掌。ありがとう、お父さん。

SHOCK again

今年2回目のSHOCKへ。1階センター席というすごく良い席で良く観れた。そして本日も涙止まらず。ハンカチが重くなった。

内くん、ほんと良い。あんなに嫌いだったのに、歌も演技も抜群に上手くて、内くんの演技で何度も泣かされる。

はぁ、今回もコウイチ死んじゃった(涙)。ストーリーもセリフも知っているのに、なんで毎回こんなに泣いちゃうんだろうね。

人生をかけたパフォーマンスだった。私は何をやってるんだ? ってちらっと頭をよぎった。

新生Snow Man

2019年3月25日、横浜アリーナSnow Man単独横アリコンサート。去年に引き続き2年目の舘様バースデー公演。

そして私は、スノ担を卒業して1ヶ月。お友達に買っておいてもらったグッズとともにいざ横アリ。

f:id:tr_kana:20190326184057j:plain

舘様のビジュアル良過ぎて、ほんとムカつくわ(笑)。ペンライトもマスクも可愛いし、グッズ全般とっても可愛かった。お金かかってるなーっ。

さてコンサート。

  • 全体:派手、とりあえず派手。デビュー組と遜色ないくらいに演出にお金かかっていた。そしていろいろ降ってきた。滝沢さん、落下物好きなんだね。
  • ラウール君:初めてちゃんと見たけど、すごい大きかった。あんなに背高いとは知らなかった。勝手に小さいイメージだったから、Shelterで岩本くんと踊ってるのを見て度肝抜かれた。何あのスタイル。。。
  • 舘様ソロ:想像以上に18禁すぎて、ええええええって思っていたら終わっていた(笑)。
  • なべ:なんか頑張ってたなぁ。
  • 舘様:とにかくビジュアル良すぎる。汗だくなのに髪がさらさらで素敵すぎる。えっと、意味分からないくらいカッコ良かった。
  • 衣装:お金かかってるけど、たまに「え? ダサっ」ていうのがあってジャニーズだった。
  • ゆり組厨死亡案件:お誕生日のくだりで「涼太」呼び勃発で沸き上がる横浜アリーナ。「ゆり組ジャスティス」。
  • 突然のハイビー:3曲歌っていったけど、平和だったし、涼様かっこよかった。。。

f:id:tr_kana:20190326184039p:plain

汗だくになるくらい興奮して、体温あがって、舘様を目で追ってた。素敵すぎた。コンサートの舘様も素敵すぎた。いつも素敵でかっこよくて心ごと全部もっていかれるけど、昨日もそうだった。

本当に本当に舘様、大好きで、この人が大好きで、この人だけを観て行きたいって心から改めて思ったコンサートだった。

 

だからこそ。コンサート観ながらずっと思っていたことを書き留めておくと。

  • 私の好きなSnow Manじゃなかった。新生Snow Manだった。新しく生まれ変わっていた。別のグループだった。
  • Snow Man6人が優し過ぎて、新メンバー&ファンに対して、すっごくすっごく気を遣ってくれていたのが分かって、とにかく寂しかった。
  • 私の好きなSnow Manのパフォーマンス、アクロバットがなかった。ダンスのレベルも随分下がっていた。Freezeとか夏に初めて観て度肝抜かれた、あれじゃなかった。
  • 演出でごまかされない。Snow Man6人のプロフェッショナルなパフォーマンスは消されていた。
  • 9人、多い。多すぎる。
  • 新曲あったけど、去年のSnow Dreamのような感動なかったし(何なら覚えてないし)、歌にメッセージ込めれば伝わる、って思ってるのかな? なんて酷いことを思ってしまった(ごめんなさい)。
  • 一人一人のメッセージ、Snow Man6人の言葉が必死すぎて、余計に悲しかった。そこまで必死にファンにお願いしないといけないのかな? って。自分たちが決めたことなんだし、6人じゃなく、9人でやるって決めたなら、ついて来れない人は置いていけば良いじゃん、って思ってしまった。でも、そうだよね、Snow Man6人の優しさそしてそれがもしかしたら弱さなのかもしれないけど(私は大好きだけど)彼らは繋いだ手を離したくないんだよね。ついてきて欲しいんだよね。ずっと好きでいて欲しいんだよね。号泣。ずっとずっと応援していきたかったよ。見守りたかった。でも最初に離したのはそっちからだからね。なのに離れないで欲しいって言うのはズルい。
  • 舘様は9人受け入れ前だけ見て突き進んでいたから清々しかったけど、岩本くん、阿部ちゃん大丈夫? さっくんの言葉も気遣いが溢れすぎて、痛かった。

大好きだったSnow Manをもう2度と観れないんだなぁってちょっと泣いてしまった。消えちゃった、私の好きだったグループ。

 

寂しい、寂しい、寂しい。

すっごく寂しい。

 

そして改めて。

私はスノ担じゃない。どうしたって新生Snow Manを好きになることも、応援することも出来ない。演出でごまかされない。9人になった理由が未だに理解できない。

 

大切なことは、やっぱり現場が教えてくれた。

 

これで心おきなく卒業出来る。バイバイ、Snow Man